ガジェット

薄さ3mmで広がる世界。『MOFT MINI』でMacBookをもっと使いやすく。


薄さ3mmで広がる世界。『MOFT MINI』でMacBookをもっと使いやすく。

MacBookのキーボードはそのままだと正直打ちにくい。

やはりタイピングにおいてキーボードの角度は重要ですよね。

MacBookを単体でももっと使いやすくする為に『MOFT MINI』というコンパクトなPCスタンドを使ってみました。

普段は薄く存在を感じさせないのにワンタッチでノートPCに角度をつけられる優れものです。

PCスタンド『MOFT MINI』

という訳で今回ご紹介するのはこちら。PCスタンド『MOFT MINI』

MacBookなどのノートPCの裏に貼り付けるだけでいつでも、スタンドとして使えます。

薄さわずか3mm

まず驚くのが『MOFT MINI』の薄さです。厚みはわずか3mm。

写真のように、PCの裏面に貼り付けて使用します。ヒンジ側ギリギリの場所に貼るのがポイントです。

とても薄いので違和感があまりありませんね。

繰り返し接着可能なりムーバブルグルーを採用しているので、何度でも付け外しが可能となっています。

めくるとスタンドが現れる【スタンドの角度10度】

使う時はめくるよに『MOFT MINI』を開くとスタンドとして使えます。

このミニマルな動作で、大胆に形状が変わる感じが良いですよね。

スタンドの角度は10度。角度はワンサイズの固定となります。

畳めばいつでも薄くなり存在感が消えます。

スマートに収納出来るのも良いですね。

表面は少しラメ素材

表面は落ち着いたグレーカラーですが、若干ラメのようなキラキラした質感があります。

光が当たるとわかる感じのイメージでしょうか。

とはいえそこまでキラキラが目立つ感じでも無いです。塗装に光沢がある感じですかね。

高級感もあるので、これはこれでアリだなと個人的には思います。

購入の理由

『MOFT MINI』に決めた理由ですが、以前からこの手のPC裏に貼るスタンドを試してみたいなと思っていました。

何個か候補もあり迷ったのですが、最終的な決め手になったのはやはり値段でしょうか。

『MOFT MINI』は約1,500円程度で購入可能です。

類似品の『ONED Majextand』とも迷ったのですが、やはりスタンドで6,000円はちょっと高いなと。

まずほノートPCの裏面に貼るスタンドが自分に合うのか試してみようと思い『MOFT MINI』を選びました。

使い心地

角度って大事

使ってみての感想ですが、キーボードをタイピングする上で角度って大事ですね。

以前いご紹介した『Magic keyboard をもっとタイピングしやすく。』の時にも角度の話をしましたが、やはりキーボードに角度が付くだけで劇的にタイピングがしやすくなります。

タイピングのミスも減りますし、何より手首の角度が緩やかになるので長時間のタイピングしていても疲れにいくいですね。

タイピングの安定感良し

タイピング時のブレや滑りなどもなく。タイピングの打ち心地としてはかなり安定します。

10度の角度、個人的にはかなり打ちやすい角度だと思いました。

MOFT MINIの内側、机に当たる面は若干起毛したような質感になっています。

この起毛した面が滑り止めのような効果を発揮してますね。グッリプ力が高いです。

滑りがちな木製のデスクの上でもしっかり安定します。どこでも使いやすいですね。

スタンド状態でのMacBookの開閉も問題無しです。

出先では『MOFT MINI』でオーケー

自宅にいる時は『HHKB』を使うことがほとんど。出先に『HHKB』を持ち歩くのは流石に荷物だなと感じていました。

ですが、この打ち心地の安定感とタイピングのしやすさがあれば、『HHKB』は外に持ち出さなくても良いな。という感じがします。

さすがにタイピングのしやすさ。だけで見れば『HHKB』の方が上ですが、ノーマル状態のMacBookのキーボードと比べたら劇的に改善しますよ、これ。

放熱対策にも

さらに角度が付き、デスクとノートPCの間に隙間が出来るので、ノートPCの放熱対策にもなりますね。

MacBookを使用していても、たまにとても熱くなることがありますから。タイピングしやすい上に、熱も逃がせるのは一石二鳥です。

勝手に開かない配慮が嬉しい

さらに良いなと思ったポイント。スタンドを閉じた時に勝手に開かないように微力な磁石が付いています。

1度閉じれば勝手に開いたりしませんし、クセのようなものがついてしまって常時半開きになることも無いと思います。

かなり弱い磁力なのでバチンといきなり閉じたりはしませんよ。

ケースやスタンドにもそのまま

『MOFT MINI』は薄いので、PCケースやPCスタンドにもそのまま入ります。

『MOFT MINI』の表面の素材はクッション性がありますので、他の物に当たって傷つける心配もありません。 

気にった点

とはいえ気になった点も少し。

『MOFT MINI』を閉じた状態で、直接机にPCを置くと若干グラグラします。

『MOFT MINI』がPCの裏面のセンターに来るので仕方がない部分ではありますね。

グラつきがあるので、HHKBなどの外付けキーボードをPCのキーボードに乗せて使う方法は出来なくなりますね。これはちょっと残念。

ちなみに使用しているPCは『MacBook2020 13インチ』です。

今後はデスクトップとして使っている時は『HHKB』

ラップトップとして持ち出している時には『MOFT MINI

でと、使い分けて運用しようかと思っています。

『MOFT MINI』を貼った状態で、外付けのキーボードを乗せたいと思っていた方はお気をつけください。

まとめ

という感じでスマートにノートPCにスタンドを取り付けられる『MOFT MINI』をご紹介してみました。

1度でも『MacBookのキーボード打ちづらいんだよなー』と感じた事がある方は試してみる価値アリだと思いますよ。

ぜひチェックしてみてください。

▷関連記事

favorite post

sumuroではインテリアや暮らしの道具などを紹介しています。

オススメの記事をまとめましたのでぜひ読んでみてください。

関連記事