ステーショナリー

【梱包時に便利】マスキングテープを同じ長さで綺麗に切れる。ミドリのクイックテープカッター。

例えば、メルカリなどで商品が売れた時。発送する為の梱包でマスキングテープを使う事ってあると思います。受け取った人の印象も梱包の綺麗さで決まるところがあると思うので、梱包の仕方ってすごく大事ですよね。

丁寧な梱包を作る為にマスキングテープをハサミで切って、切り口を整えたりしてる人って多いと思うんですよ。

しかし、ハサミで毎度マスキングテープを切ってるのは面倒。しまいにはハサミにテープがくっ付いてしまったり。この作業、ちょっとストレスフルですよね。

今回ご紹介するミドリのクイックテープカッターは、そんなマスキングテープを綺麗に切りたいという欲求を満たしてくれるようなアイテムです。しかも、定規要らずで長さをある程度揃える事ができるという機能付き。とても優秀です。記事内で仕様について詳しくご紹介していきます。


ミドリ クイックテープカッター

こちらが今回ご紹介するミドリのクイックテープカッター。マスキングテープ用のテープカッターです。

黒い本体のデザインはミニマルな雰囲気を感じさせます。

以前に紹介したサンスターのカドマルPROと同じようなデザインバランスで並べても同一規格の文具のように見えます。大人が持っていたい文具デザインだと思います。

使い方

使い始めのセットは簡単。本体がパカっと開くようになっているので、そこにマスキングテープを入れます。

ローラー部分にテープを貼り付けてセット完了です

セット出来るマスキングテープのサイズは外径54mm以下、内径25mm以上。幅が12〜15mmに対応しています。

半透明な本体は残りのテープ残量も一眼でわかる作りとなっています。

画期的、約2cmずつ飛び出すテープ

この製品の画期的だなと感じた部分。本体のスライダーをひくごとに約2cmずつ飛び出します。2回引けば4cm相当の長さになります。

この一定の長さで使えるというのがかなり便利だなと思いました。

例えば梱包する時の事を例にとってですが。切り口もそうですが、テープの長さが揃っていてもすごく丁寧な印象になリますよね。

とは言えいちいち定規で長さを測って、としていたら凄い手間じゃないですか。

それがワンタッチで出来てしまうという。これすごく便利な機能だと思います。優秀。

スライダーで出したテープはちぎるだけで綺麗に切り取る事ができます。

正確に長さを測れる訳ではない

このアイテム、約2cmごとにテープが飛び出して便利なことに間違いは無いのですが。2cmはざっくりとした長さで飛び出すので、正確な長さを測れる訳ではありません。

2回目までは約2cm飛び出すのですが、3回目以降は1.5cmくらいの飛び出しになります。3回目以降飛び出しが短くなるのかは謎です。

とは言え、定規のように使うことは出来なくても飛び出す長さに使う度の誤差は無いので問題無いかなとは思います。

絶対正確な8cmのテープを作りたい。みたいな事は出来ないのでそこだけ注意ですかね。

自由な長さに引き出しても使える

必ず2cmずつでしか使えないという訳では無く。引き出せば自由な長さに調整出来ます。一般的なテープカッターと同じような感覚ですね。

貼った状態でビーっと引き伸ばす事も出来ます。本体をひねるだけテープはカット出来ます。

封筒に封をする時にも便利です。仕上がりも綺麗。

マグネット付き

本体の背面にはマグネットが内蔵しています。

オフィスのデスクの引き出しに貼り付けておくという事も可能です。

おわりに

という感じで簡単にですが、ミドリのクイックテープカッターをご紹介してみました。このアイテム、個人的には梱包時に活躍しそうだなと。マスキングテープの長さを合わせて綺麗に切れるのはかなり便利です。日常的にマスキングテープを使用している人なら持っていて損は無いかなと思います。価格はAmazonで968円でした。

ぜひチェックしてみてください。



最新の記事
同じカテゴリーの記事
ステーショナリー

スタイリッシュなデザイン、ここに極まれり。クラフトデザインテクノロジーのステープラー。Craft Design Technology / stapler

2019-09-10
暮らしとインテリア SUMURO(スムロ)
以前からデザインの良い文具などを見つけると、そんなに使い道が無くても買ってしまっていました。良いデザインの道具って所有するだけで、 …