ステーショナリー

Tombowの3色ボールペン


【道具のコト】細いのに多機能、シンプルなボールペン

今回も愛用道具のご紹介です。前にnendoデザインのブレないボールペン「blen」もブログに載せましたが、割と文房具が好きです。

スマホなどの電子機器が日常的になり、ペーパーレスな社会になってきておりますが、まだまだ紙も無くなりそうにありません。

今後も紙に文字を書く機会は減っていくでしょうが、だからこそ持ち歩く筆記具には拘りたい派の私です。

数年前から使用しているボールペンをご紹介したいと思います。

メーカーはTombow(トンボ)。

細いのに多機能

このペンはとても細く、同心も1cmも無い太さなのですが多機能ボールペンなんです。

ボールペン黒、ボールペン赤、シャーペンがこの細い軸の中に格納されています。

機能を変えたい時には、軸をクルクルと回す事で切り替わります。

軸の中はこのような感じに。個人的にミニマムなメカニカルさがとても好きです。

本体のカラーも落ち着いたメタリックブルー。目立ちすぎず、でもしっかりと個性は主張する絶妙な感じです。

難点をあげるとすれば、シャーペンの芯の交換を、ペンの頭を外して入れ替えるのではなく、ペン先の方から入れなきゃいけない事でしょうか。

そーっと入れないとたまに折れてしまう事があります。

JET STREAMの替え芯に変更可能

このボールペンを使う上で裏技のようなテクニックがあります。

芯をUniのJETSTREAMに変更可能なんです。個人的にこの変更出来る点は大きいですね。仕事などでJETSTREAMは書きやすくて、愛用してる方も多いと思います。

JETSTREAMの「SXR−200−07」という品番の芯は使用可能です。

最初から付いてくる芯の書き心地も決して悪くは無いのです。悪く無いのですが普段から慣れているのJETSTREAMの滑らかさは、使うとやっぱり良いなと思います。

スマホでメモや記録を取ることも多くなり、紙に記録する機会は減っているかもしれません。だからこそ、仕事だったり、毎日の日記の記録だったりを、お気に入りの筆記具で記録すると、その時間も少し豊かな時間に変わるような気がします。

ぜひお気にりの文房具を見つけてみてはいかがでしょうか?

[ad]スポンサードリンク [/ad]