仕事術

【確定申告】個人事業主にfreeeがオススメな理由。【使用体験談】

さて、3月は確定申告の時期でもありました。個人事業主がいそいそと慌て出す時期でもあります。

確定申告をする上で多くの人が会計ソフトを使用していると思います。

私は『freee』という会計ソフトを使用しています。

この『freee』という会計ソフトはものすごく使いやすいですし、簿記の知識が無くても使えるので、これから個人事業主を始めたい人にもおすすめしたい会計ソフトです。

今回の記事では『freee』のどこに魅力を感じているのか、そしてどこが使いやすいポイントなのかを紹介していきたいと思います。


個人事業主にfreeeがオススメな理由

各種連携による自動処理がとにかく楽

『freee』の最大の魅力だと思うのがあらゆる『自動処理』機能です。

口座連携

使用している口座の連携が出来ます。これにより入出金の記録が自動でソフト内に読み込まれます。口座の数字を合わせるって会計の基本だと思うのですが、これが自動化するのでズレようが無くなるんですよね。

クレジットカード連携

事業で使用しているクレジットカードも登録出来ます。使用した相手先まで自動でデータ上に記載されるのでとても便利です。

電子マネー決済連携

最近では個人の人でも電子マネー決済を導入している人も多いですよね。電子マネーサービスとの連携も可能となっています私は『square』というサービスを使用していますが、これも連携出来ます。決済記録が自動で反映されるように設定出来て便利です。

自動入力のメリット

入力時間の短縮

これらの自動入力の何が優秀かと言うと、圧倒的な入力時間の短縮に繋がります。

経費の入力も数が増えると膨大な時間がかかりますが、その手間を軽減することが出来ます。

打ち間違いが圧倒的に減る

自動入力なので、数字の打ち間違いが無くなります。あとから、『あれ、何か合計がズレてる』という事って会計あるあるだと思うのですが、それが全然発生しないですね。

入力の精度を保つ為にも自動入力はかなり良いです。

自動入力と言っても、もちろん勝手に入力される訳では無く『自動処理の入力待ち』という表示で溜まっていきます。それらを確認してワンクリックで各勘定科目毎に捌いていくイメージです。

確定申告の仕上げも楽

確定申告の書類作成に関しても、かなり親切な設計だと感じます。確定申告をする上で必要な確認事項を項目ごと順序立てて聞いてくれます。それに『はい、いいえ』で答えていくだけで完成してしまいます。気づけばあとは印刷するだけの状態です。

印刷した後も添付書類の確認をしてね。みたいなところまでフォローしてくれますのでかなり親切。ユーザー目線で設計されたソフトだと感じます。

迷ったら最初から購入してしまった方が良い

『freee』の価格はスタンダードプランで年額『23,760円』

自分で事業を始めると、節約って大事なので会計ソフトにお金は使いたく無いな。という思想になると思うのですが、結論から言って『freee』は早めに購入してしまった方が良いと言えます。むしろそっちの方がお得です。

私も開業した初年度は無料で使えた会計ソフトを使用していたのですが、これが簡単に言えば堅物なソフトだったんですよね。『貸方』と『借方』のどちらもを自分で数字から入力する方式のソフトです。おそらくこの方式が一般的だと思いますが、これには多少なりとも簿記の知識が必要です。

『freee』は先ほど紹介したように、自動で入力してくれる機能がありますので、『貸方』と『借方』を考えなくても帳簿が付けられるような設計となっています。

自動で読み込まれた数字が何の用途だったか。というのを入力して勘定科目を設定するだけです。その裏ではちゃんとした青色申告用の帳簿を作成してくれています。

簿記の知識を必要としません。

経理に関する時間やストレスは、堅物な会計ソフトに比べると半分くらいには軽減出来るのでは無いかなと。感覚的ではありますが、そのくらい入力する上でのストレスは軽減されるように設計されていると思います。

時間の効率化という意味でも早めに導入してしまった方が良いと言えます。

まあ1番良いのは自分でやらずに税理士さんに委託する事なのかもしれませんが、さすがにウン十万の顧問料金を支払うのはキツイという人の方が多いの現実かなと。

自分でやろうと思ったら『freee』が最善な選択肢ではないかなと思います。

迷ったらスタンダードプラン

個人事業主向けに『freee』ではプランが3つ用意されています。

・スターター 年間11,760円

・スタンダード 年間23,760円

・プレミアム 年間39,800円

どのプランにしようかと迷ったなら『スタンダード』が無難だと思います。

詳しくはオフィシャルの表を見てもらえればと。

安い『スターター』だとレシートの写真からのPDF化も月5枚まで。売上の推移を確認出来る月次推移が使え無いなど。制限の付いた簡易的な内容となっています。

本業とは別に『副業の申告をしたい。』という人にはこの内容でも良いと思うのですが、本業して取り組んでる人に対してちょっと物足りない感じかなと。

『プレミアム』には電話サポートや税務調査対策が付いてる感じですね。

個人的には『freee』自体の設計やUIがかなり親切なので、ほとんどの人には電話サポートまでは要らないかなと。

消去法的に『スタンダード』が名前の通り無難で使いやすいかなと思います。

『freee』運用のコツ

なるべくクレジットカードで支払う

繰り返しにはなるのですが、『freee』の最大の魅力は『自動入力』にあります。なるべく自動入力の対象となるように意識するのがおすすめです。

なので使用する経費に関しても、なるべく連携させているクレジットカードで支払うのが良いですね。レシートの写真から自動で文字起こしもしてくれるのですが、そもそも写真を撮って読み込ませるのも面倒ですからね。

積極的にクレジットカードで支払うのがおすすめです。

UIが親切、至れり尽せりという感じ

これも繰り返しですが『freee』は操作性が本当に優秀でユーザー目線で使いやすいです。そもそも何かに迷うことが少ないように設計されていて、ある種、誘導されるように会計入力が出来る感覚と言うと1番近い表現なのかなと。

『よくわからん』というストレスがほぼ無いです。これは凄いことだと思います。

クラウドサービスなのでどこからでもアクセス出来る

『Freee』はウェブ上のブラウザで操作るクラウドソフトなので、ソフトのダウンロードの必要もありません。クラウドサービスなので、どこにいてもアクセス出来るというのも魅力です。

おわりに

という感じで『freee』を個人事業主におすすめしたい理由をまとめてみました。記事内で書いた通りですが、使用していて本当に便利な会計ソフトサービスだと思います。

既存の会計ソフトにストレスを感じている人にもおすすめです。

ぜひ今年度の確定申告からでも導入を検討してみてください。

紹介した機能以外にも請求書なども作れたりと付加サービスはまだまだあります。

さらに詳しく知りたい人はオフィシャルの案内をぜひ見てみてください。

▷freee 公式サイト



最新の記事
同じカテゴリーの記事