生活雑貨

自宅に居ながら1日30kmのサイクリング。『STEADY ミニフィットネスバイク』【ながら運動の最適解】

もう少し運動しないと。

家に居る時間が増えた昨今。どうしたって運動不足になりがちですよね。私も在宅で仕事をしているのですが、デスクワーク中心なので運動不足が深刻です。

そんな状態を打破しようと、机の下に設置出来るミニフィットネスバイクを導入してみました。

結論から書くと、これとても良いですよ。

今回の記事ではこのミニフィットネスバイクの機能や使用感を詳しくご紹介したいと思います。


SETEADY ミニフィットネスバイク

という訳で今回ご紹介するのがこちら。『SETEADY ミニフィットネスバイク』

組み立ては簡単

組み立ても簡単で、脚とペダルを取り付けるだけ。組み立てに使用する工具も付いていました。本体はそれなりの重量がありますが、女性でも一人で組み立て出来るんじゃないかなと思います。

ペダルベルトの幅も調整出来るようになっています。家の中で素足で漕ぐなら、1番狭い穴を使用すると良いですね。素足で漕いでも問題ありません。

ハンドルが付いているので移動も楽です。

机の下に設置可能

使い方は簡単で机の下に置くだけ。ズレ防止のマットも付属して親切。床の傷防止にもなりますね。

音がとても静か

ペダルを漕いでみて驚くのがとりあえず驚いたのがとても静かなこと。無音とまではいきませんが、かなり静か。例えるなら扇風機くらいでしょうか。

負荷も16段階で調整可能

漕ぐ時の負荷も16段階で調整が可能です。操作も簡単で、手前のダイヤルを回すだけ。割と細かい負荷の調整が出来ます。

自転車と同じように16速式のギアが付いているようなイメージです。

数値表示モニターが便利

手前にはデジタル式の表示モニターがあります。ペダルと連動しており、漕いだ分の距離や時間、カロリーを表示してくれます。

これまでの積算の総距離もカウントしてくれていて、積み上がった数字を見ると達成感が湧きますね。

仕事をしながら1日30kmのサイクリング

漕いでいても上半身はほとんどぶれないんですよね。なので漕ぎながらでもキーボードのタイピングにもまったく支障がありません。快適にタイピングが出来ます。

ペンで紙に筆記しながらは多少文字がブレるかなという感じ。ただ全く出来ないという訳では無いですね。ちょっとしたメモを取る程度なら全く問題無い感じかなと。

仕事をしながら休み休みではありますが、1日中漕いでいると気づけば30kmくらいサイクリングしています。

いざ30kmの移動を自転車で。と言われてもちょっと過酷過ぎと思いますが。このデスク一体型仕様なら割とイケちゃうんですよ。

表示を見ると、だいたい1時間で10kmほど進んでいる感じ。10km漕いだ時の消費カロリーは240kcal。ハーゲンダッツのミニカップバニラのカロリーが244kcalらしいので、1時間漕げばアイスを食べた分くらいは相殺出来ているみたい。

座りっぱなしの血流の滞り対策にも

一日中デスクワークをしていると、どうしでも脚がむくんできますよね。そんなむくみ対策にも有効だと思います。

とにかく脚を動かしていると血流がどんどん流れているような感覚があります。太ももの筋肉は大きいので。積極的に動かせば代謝も上がるんじゃないかなと。

漕いでいると眠気に対しても抵抗出来る感覚がありますね。

動画視聴・読書でのながらも

もちろん仕事以外にも、動画視聴・読書をしながらにも最適です。何かをしながら漕いでいるとあっという間に距離が進んでるんですよ。この感じにお得感があって良いですね。

気づけばしっかり運動出来ているという。

これまで『ながら運動』系の事を試して挫折した人にも、ミニフィットネスバイクはかなりおすすめ出来ます。

自転車を濃く運動の負荷って丁度良いんですよね。辛過ぎず、楽過ぎずみたいな。適度に運動した心地の良い感覚が得られるなと。

ちょっと気になった点

負荷最大時のマットのズレ

強いて気になった点をあげるなら、負荷を最大に設定して漕いだ時に、たまにマットがズレる事でしょうか。まあこれは床との相性もありそうですけどね。

負荷が中程度であれば、ほぼマットがズレることは無いですね。ながらで長時間漕ぐ時は中程度の負荷が丁度良いと思います。

引き出し付きのデスクだと脚が当たるかも

デスクの下に設置する場合、引き出しが付いたデスクだと漕いだ時に膝が当たるかもしれません。もちろん椅子とデスクの高さの関係性もあると思います。私が使用しているデスクは引き出しが付いていないので、膝が当たることはほぼありません。

参考までにデスク下のスペースが690mm。椅子の高さが450mmです。

Amazonで1万円以下で購入できる

ちなみにこのフィットネスバイク。Amazonだと1万円以下で購入出来ます。

このクオリティと満足感で、この価格は充分コスパ高いんじゃないかなと思います。

おわりに・在宅ワーク民は買って損無し

という感じで、『SETEADY ミニフィットネスバイク』をご紹介してみました。

これまで座っていた時間がエクササイズに置き換わるのはシンプルに画期的。普段中々運動の時間が取れていない人も、これだったら効率的に運動不足を解消出来るように思いました。

スタンディングデスクも良いと思いますが、バイクスタイルのデスクもおすすめです。個人的にはスタンディングより継続しやすい気がしますね。



最新の記事
同じカテゴリーの記事
生活雑貨

もう毛玉に悩まない。冬の衣服のお手入れにかかせない『浅草アートブラシ』の魅力【かんたん毛玉取りブラシ・匠】

2019年11月15日
暮らしとインテリア SUMURO(スムロ)
気づけば11月も半ばを迎え折り返し。本格的にコートやセーターが必要な寒さになってきました。 冬の洋服って値段が高いですよね。特にコー …
生活雑貨

スリッパにオシャレを。まるでレザーシューズのような室内履きスリッパ。『FRONTIER Room's』【フロンティア ルームズ】

2019年11月4日
暮らしとインテリア SUMURO(スムロ)
兼ねてよりインテリアや室内での暮らしに関して、つらつらと書いてましたこのブログ。 今回ご紹介するのは毎日使う、室内道具の1つ。『スリ …
生活雑貨

消臭スプレーの気配を消したい。『sarasa design の b2c 2way スプレーボトル360°』【ミニマルなデザインが好きなあなたへ】

2020年1月27日
暮らしとインテリア SUMURO(スムロ)
気配を消すシリーズ いつからか、生活で欠かせない物の1つになった消臭スプレー。ドラッグストアに行くとファブリーズを始めとして、色々な …