生活雑貨

足裏で感じる畳。夏を前に無印良品のイ草スリッパを新調しました。


足裏で感じる畳。夏を前に無印良品のイ草スリッパを新調しました。

5月末。初夏の手前。季節が変わる前に気温はぐんぐん上がり、『暑い』と感じる日が増えてきましたね。室内にいて窓を開けていても、「ああ、暑いな」と感じる事が増えてきて、夏が目の前まできているのだと感じるこの頃です。

そんな夏を前に、無印良品で室内用のスリッパを新調しました。

選んだのは『イ草スリッパ』

まさに『履くタタミ』という言葉がハマるスリッパです。

無印良品・イ草スリッパ

という訳で今回ご紹介したいのはこちら。

無印良品で購入出来る『イ草スリッパ』です。

『イ草』と言えば、そう『畳』ですよね。

まるで履く『畳』

日本人たる物どこか『畳』の上を歩くと、どこか気持ちも落ち着くから不思議です。DNAに刻み込まれた寺の感覚と言いますか。

このスリッパ。そんな畳の上の素足の感触を、自分の足裏だけで独り占めに出来ます。

見た目からもバッチリ伝わりますが、スリッパと畳が融合したようなデザイン。

実際に履くと足裏で感じる『イ草』の、網目がなんとも心地良いです。まさに畳の上。

少し足裏に汗をかいても、『イ草』が程よく吸収してくれるのか、履き心地としての感触はずっと『さらさら』という印象があります。

もちろん足裏で『イ草』がチクチクするとか、違和感がある、などは一切無いです。

『イ草』の編み込みが優しく足裏に当ります。

広がる『イ草』の香り

スリッパを袋から取り出した時に、部屋中に『イ草』の良い香りが広がります。

思わず鼻腔一杯に吸い込みたくなるほど、香りが広がります。鼻腔が幸せです。

(もちろん履く前に嗅いでます)

足の甲には『麻』

スリッパの甲の部分には麻が使われています。

麻も天然素材ですね。

足裏も足の甲もどちらも自然でナチュラルな素材使い。もちろん肌触りもナチュラルです。

しっかり厚めなソール

ソールにはポリエチレンが使われています。

ソールは厚めで若干固め。しっかりと体重を支えてくれそうです。

良く観察すると、ソール自体が立体整形になっていて、かかと側が少し上がるように傾斜が付いています。スニーカーのようなイメージですね。

その立体的なソールに合わせて『イ草』を張り込んでいるので、足にフィットする感覚があります。実際に歩いてみても、とても歩きやすいです。

サイズは4展開

この『イ草スリッパ』にはサイズが4種類あります。

サイズ展開

S/22~23.5cm用

M/23.5~25cm用

L/25~26.5cm用

XL/26.5~28cm用

ちなみに、私は『Lサイズ』を選びました。

普段靴は『26,5cm』を履いてる私がスリッパを履いたイメージです。

履いてる感触はジャストサイズです。しっくりきています。

サイズ選びの参考にしてみてください。

ちょっと気になった点【タグが邪魔】

基本的にはかなり好感触な、この『イ草スリッパ』

ちょっと気になった点があります。

それは、スリッパの甲の部分に付けられた品質表示タグ。

この取り付けの位置。個人的には、もうちょっとどうにかならなかったのかなと。

履いていると、たまに品質タグの存在が気になってしまいます。

ちょうど足の土踏まずの部分がタグと当たるんですよね。

せっかく足裏も足の甲も感触が最高なのにもったいない。

という訳で、私は邪魔なのでハサミで切ってしまいました。

わかっていた事ですが、切った方が履き心地は良いです。

ただ、品質タグを切ると返品や交換などは出来ないので、もしやられる方は自己責任でお願いします。

まとめ

という感じで、無印良品の『イ草スリッパ』をご紹介してみました。

履いてる感触は、まさに足裏だけ畳の上。と言った印象です。

個人的には買って良かったなと思いました。

最近は畳が無い家も多いですし、畳の感触と匂いが懐かしいよー。

みたいな衝動に襲われた方にも。この『イ草スリッパ』はおすすめですよ。