ガジェット

MacBookを外部モニターに接続。クラムシェルモードで使える【Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ】


MacBookを外部モニターに接続。クラムシェルモードで使える【Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ】

先日ご紹介した新しい相棒の『MacBook pro 13inch』

クラムシェルモードという、MacBookを閉じたままでも、外部モニターに表示出来る機能があります。この機能を使う為にはMacBookからハブを介してHDMIケーブルで映像をモニターまで出力する必要があります。

今回ご紹介するのは、そんな時に便利なハブ『Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ』です。

HDMIケーブルでの映像の出力はもちろんですが、USB-Aの端子やSDカードの読み込みも出来る優れものです。

とりあえずこれがあれば一通りの接続に困りません。

Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ

という事で、今回ご紹介するのがこちら。『Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ』信頼と実績のAnkerですね。

塗装はマットなダークグレー。高級感もあります。

コンパクトな筐体ですが、『4K対応のHDMI出力』・『100W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート』・『 2つのUSB-Aポート』・『microSD&SDカードスロット搭載』と高機能な仕様になっています。

このハブを介してHDMIケーブルでモニターまで繋ぐと、MacBookを閉じていても操作が可能になります。

接続端子は『USB-C』

MacBookに接続する端子は『USB-C』です。

現行MacBookの問題点

現行のMacBookには『USB-C』に対応した端子しか付いていません。

その為、よくあるUSBメモリの『USB-A』端子や『SDカード』を使いたければ、外付けのハブを何かしら用意しなければいけないんですね。

実際、私は仕事をしている中で、USBメモリをコンビニに持っていってA3用紙にプリントアウトしたり。企業からの画像のデータのやり取りなどもUSBメモリ。まだまだ『USB-A』が無くせないんですよね。

そういった色々な形がある『端子問題』も『Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ』ならとりあえずは解決出来る。という訳です。

両側の接続端子

写真のような割り当てで各端子やSDカードに対応しています。

個人的にはmicroSDを直挿し出来るのも嬉しいなと。

100W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート

『PD』と書かれたこちらの接続端子は『充電専用』となっています。デバイス間でのデータのやりとりは出来ません。

この『PD端子』のみ急速充電に対応しており最大100Wでの充電が可能です。

ちなみに『100w』というのがどのくらいのパワーかと言いますと、iPhoneなら約30分で50%まで充電が可能です。

ちなみにiPhoneを接続して、データの移動を行いたい場合は、反対側のUSB-C端子に接続すれば大丈夫ですよ。

『100w』の急速充電を行うには、ケーブルも『100w』に対応した物が必要です。

持ち運び用の袋も付いてくるよ

ちなみに付属品で持ち運び用の袋も付いてきます。

ハブがすっぽり入り、USB-Cの端子は袋の表側のポケットに収まるように出来ています。

このピロッと伸びた端子をスマートに隠せる感じは新しくて良いなと思いました。

袋の素材感も、フェルトにちょっと毛羽立ちのあるようなイメージ。安っぽくは見えないかなと思いす。

このモデルを選んだ訳

ちなみにAnkerから、同じような機能を持ったデザイン違いの『Anker PowerExpand Direct 7-in-2』というモデルも発売されています。

購入時にどちらにしようか迷ったのですが、基本的には自宅で使う時は『クラムシェルモード』から動かしません。

『Anker PowerExpand Direct 7-in-2』は、Thunderbolt端子による映像出力にも対応しているのですが、それは今のところ使わないしなと。

外部のHDDにiTunesの楽曲を全て保存していたり、タイムマシンでのバックアップもこのHDDに常時取っているので、基本的にはこれら外部機器はハブに繋ぎっぱでいたい。MacBookを持ち出す度に、それらの付け外しをするのは面倒であります。

『Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ』なら、MacBookにUSB-C端子一つの付け外しで大丈夫ですので、こちらの方が、そういった切り替えが楽だと思ったんですよね。

私の場合、外で使うより、家の中で使う方がメインですし。

見た目のデザイン的には『Anker PowerExpand Direct 7-in-2』の方が好きですけどね。

この辺りは、その人の使い方や生活に合わせて選ぶのが良いと思います。

まとめ

という感じで、簡単ではありますが『Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ』をご紹介してみました。

MacBookを外部モニターに接続しながら、端子類も一通りカバー出来るので、1個持っていて損は無いかと思います。

今はまだ、ケーブル類がデスク上でごちゃごちゃなので、その内にデスクの下にケーブルやハブなどをまとめて隠すような仕掛けを考えたいなと思っています。