パソコン関連

【ミニマル】Macbookをスマートに持ち歩く。NATIVE UNION Stow Slim Sleeve – 【薄型スリーブケース】

MacBookをユーザーなら、そのシンプルでミニマルなデザインに惹かれて愛用している人も少なくないと思います。

Appleのデザインが好きで使っている人あるあるですが、周辺機器や持ち運ぶ為のケースにもこだわりたくなりますよね。

今回ご紹介するのは、MacBookと相性の良いミニマルなデザインなNATIVE UNIONの薄型スリーブケースです。

シンプルで大人っぽいデザインが好きな人にはとてもおすすめですよ。


NATIVE UNION Stow Slim Sleeve – プレミアム薄型スリーブケース【macbook13インチ用】

という訳で今回ご紹介するのはこちら。NATIVE UNIONのプレミアム薄型スリーブケースです。

NATIVE UNIONはイギリスのブランドです。

ケース表面には、斜めにデザインされた収納ポケット。裏面はシンプルに革のみの仕上げとなっています。

裏面には小さくNATIVE UNIONのロゴが刻印してあります。

カーフ加工の革仕上げ

本体の材質は本革製です。

表面はカーフ加工が施されていて表面に凹凸がある質感です。革独特のマットな質感が楽しめます。

縫製の糸には革と同色の糸が使われいます。縫製にゆがみも無く、良い感じだと思います。

ケース自体の剛性も良くたわみも少ないです。ケースが折れ曲がる心配も無いと思います。

マグネット式の開口部

このケースの最大の特徴だと思うのが、出し入れの開口部。

開口部にはマグネットが内蔵されていて、MacBookをスマートに出し入れすることが可能となっています。ファースナーやマジックテープを採用しているケースが多いと思いますが、それらと比べても動作が少ないと思います。動作において、1工程少ないイメージでしょうか。

ケースのデザインもですが、出し入れも『ミニマルでスマート』そんな印象を受けます。

マグネットの磁力がちょうどいい

さらに良いなと思ったポイントとして感じたのは『マグネットの磁力がちょうどいいこと』

磁力が強力すぎれば、出し入れの際に開けるのが面倒。でも、弱すぎればMacBookがケースから飛び出してしまうかもと不安になる。

どちらに寄りすぎてもそんなトラブルが起きてしまうと思うのですが、NATIVE UNIONのスリーブケースはこのマグネットの磁力の調整が絶妙ですね。

開ける時は何のストレスもありません。指を隙間に入れればクッと開く感じです。

MacBookをケースに入れた後は、指で開口部を押さえる必要はありますが、1度マグネットを留めてしまえば、中のMacBookが飛び出すことは、まず無いと思います。

ケースに入れた状態で逆さまにしても、中のMacBookは飛び出しません。

この安心感のある磁力なのに、MacBookの出し入れはしやすい。というのが絶妙なバランスだと思いました。

内側はキルティング加工

ケースの内側はキルティング加工が施されています。

表面の質感は少し起毛している感じ。MacBookをしっかり保護しれくれそうです。

ジャストなサイズ感

MacBook専用に作られていることもあり、サイズ感もこれ以上無いくらい絶妙なバランスです。

MacBookを入れた時に厚みの分膨らむのですが、その膨らみ方も良いんですよね。線がはっきり出る訳では無く、シームレスな感じ。

テクスチャーとして、この感じが出るサイズ感がたまらなく良いですね。高級感が演出されていると思います。

収納時にケース内でまったく動かないのも凄いなと思います。この辺の作りはとても考えられてますね。

私はタイピングしやすい様に、MacBookの裏面にMOFTのミニスタンドを取り付けています。スタンドを付けていても問題なく収納できます。

収納した時にスタンド部分が表面に浮いて出ることも無いですよ。

斜めの切り返しポケット

デザインのワンポイントにもなっている、斜めのポケット。ここにはメモやちょっとした書類を入れて持ち歩くことができます。

ポケット部分の材質はファブリックですが、さらっとしていてひっかかりや糸のほつれは起きずらそう。縫い合わせの処理もしっかり中に巻き込んで縫製してあるので、見た目にも無駄が無くスマートです。

四隅のワンポイントの刺繍がNATIVE UNIONのブランドのマークとなっています。

A4のコピー用紙は入れずらいかも…

とはいえちょっと気になった部分を少し。私が使っているケースは13インチ用です。A4サイズのコピー用紙などもポケットに入りますが、入れられて枚数は2〜3枚程度ですね。とはいえA4のコピー用紙をそのまま入れようとすると、途中で必ず詰まり引っかかります。

A4サイズの書類をここに入れて持ち運ぶのは現実的では無いような気がします。

折ってA5サイズに出来ればすんなり入りますよ。

もちろん、A4サイズの冊子などの厚みがあるものは入りませんね。

ちなみにですが、このNATIVE UNIONのケースには16インチ用もありますが、それならA4サイズの資料も持ち運べるかなと思います。

13インチを検討される方は、注意点だと思います。

▷16インチ用のケースをチェックする

B5以下なら入れやすい

13インチ用のケースだと、ポケットに入れる書類サイズはB5以下の書類が的していると思います。B5なら30ページ程度の少し厚みがる冊子なども入ります。

普段の使い方としてはTODOリストなどを書いたメモなどを入れて持ち歩くのが現実的ですかね。

MacBookの下に敷いても大丈夫

カフェや出先で作業する時に、ケースをMacBookの下に敷いても大丈夫です。

革にMacBookの跡や型が付く。というのも今のところありません。

カラーは3種類

NATIVE UNIONのスリーブケースにカラーが3種類あります、

『indigo(ネイビー)』『sage(グリーン)』『state(ブラック)』の3種類。今回ご紹介しているのは『state(ブラック)』のカラーです。

『sage(グリーン)』の発色も良くて、購入時にかなり悩んだのですが、『飽きのこないデザイン』を優先して『state(ブラック)』に決めました。

NATIVE UNIONには統一デザインのガジェットが色々とあります

ちなみに、NATIVE UNIONではケース以外にも、ガジェットやポーチなどの商品も展開されています。

いずれもデザインに統一性があって、良い感じです。

このワイヤレスチャージャーも、斜めデザインが共通モチーフとして使われていますね。

iPhoneケースにも斜めデザインです。

こうした、アイコンやデザインで『ああ、ここのブランドだな』ってわかるメーカーってそんなに多くないと思うので、ブランディングがしっかりしてて凄いなと思いますね。

個人的には、この革を使用したワイヤレスチャージャーが気になっています。

▷AmazonでNATIVE UNIONのアイテムをチェックする

まとめ

という感じでNATIVE UNIONのプレミアム薄型スリーブケースをご紹介してみました。革製のMacBookケースでシンプルで飽きのこないデザインを探していた方には、かなり良い選択肢のケースだと思います。価格もAmazonだと一万円以下で購入出来ますしね。本革を使用したケースの中では安価な方だと思います。

MacBookユーザーはこだわって、カッコつけてなんぼですから。NATIVE UNIONのケースをぜひチェックしてみてください。



最新の記事
同じカテゴリーの記事