ガジェット

HHKBの使い心地をさらにアップとなるか。バード電子のHHKB用の『HHKB吸振マットHG』【結論・デスク環境による】


HHKBの使い心地をさらにアップとなるか。バード電子のHHKB用の『HHKB吸振マットHG』【結論・デスク環境による】

打鍵感が最高なPFUから発売されているキーボードHappy Hacking Keyboard (通称HHKB) Professional HYBRID Type-S

このキーボードはそもそもがニッチな商品であるにも関わらず、そのマニア性に応えるように色々なオプションパーツが販売されています。

今回はその中から打鍵時の振動を抑える『HHKB吸振マットHG』を試してみたので、その感想をご紹介します。

▽HHKBについて詳しく知りたい方は先にこちらの記事をどうぞ。

バード電子 HHKB吸振マットHG

HHKBの為の吸振マット

という訳で今回ご紹介するのはこちら。バード電子から発売されている『HHKB吸振マットHG』

HHKBキーボードの為に開発された振動を抑える為のマットです。

ちなみに『HG』は『High grip』の略です。

マットはHHKBの裏側の形状に合わせて形が切り取られています。

購入の経緯

この吸振マットの存在を知ったのは最近のこと。価格が約3000円とキーボードの裏に貼るマットとしてはかなり高額な価格。

しかし、Amazonのレビューを散見していると、『HHKBにこのマットは必須だ』『このマットを貼ってこそHHKBは完成する』という感想が多数。

そう言われると試してみたくなるのが性でして。気づいたらカートへ入れていました。

ちなみに、HHKBを作っているメーカーはPFUですが、今回ご紹介しているHHKB吸振マットHGはバード電子製。

こんな感じでHHKBにはサードパーティー製のオプションパーツが色々と出ています。

そもそも所有している人の数もそんなに多くないであろうこのキーボードですが、手にした者だけが堪能出来るマニアックでニッチな世界の広がりをみせている訳です。

HHKBを手にして初めて知ったのですが、キーボードの世界って深い沼のように奥が深いんですよ。

独特の凹凸感のあるマット

マットの厚みは1.2mm。肉感があり弾力性もあるマット、という印象です。

設置面には、細かなエンボスのテクスチャーがつけられています。

両面テープでHHKBの裏にそのまま貼れる仕様になっています。製品表示やDIPスイッチには干渉しないように作られていて精度が高いです。

余談ですが、こうした両面テープを剥がして貼る時は、端を最初に貼って位置を決めてしまうと失敗しなくて良いですよ。

という訳で、これでHHKBへの取付けが完了しました。

さて、使い心地がどう変わるか見ていきましょう。

打撃感は間違いなく上がる、だけど…

マットがあることで打鍵時の微妙なブレや揺れがピタッと治ります。

そもそもソフトな打鍵感が売りなHHKBですが、さらにソフトなタイピング心地になりますね。

貼った後では打撃音も少し静かになったような気がしました。

長時間のタイピングもしやすいですね。キーボードからの振動の返し、みたいな感覚が無くなります。

タイピングが軽くなる。という表現が1番合っているかもしれません。

ただ、1つ使っていて気になった点が。

グリップ感はデスクの環境によるなと感じました。

木製のデスクに置くと滑る

気になった点とは、デスクの環境によっては滑ること。ツルツルとしたガラスやプラスチックの上では強力なグリップ力を発揮するのですが、木製のテーブルの上に置くと滑ります。

木製のデスクに置いた時の感覚は、むしろ何も貼って無い時の方が滑らないかもしれません。

とはいえタイピングしていてると勝手に滑ってズレていく、というレベルではないのですが。気になる人は気になると思います。滑らないようにと無意識にも意識しているような気がしてちょっと疲れるような気がしました。

木製のデスクを使っている人は購入前にチェックしておいて欲しいポイントです。

ちなみに、MacBookのキーボードの上に被せるようにして置いても若干滑ります。

木製のデスクで使う場合は写真のようなデスクマットの上に置くと良いですね。

ピタッと貼り付いてズレなくなります。

個人的にはMacBookの上に置いて使う事が多いので、MacBook上でのグリップ感を高める為に何か工夫したいなと思いました。期待値が高かった分、個人的には少し残念な部分ではあります。何と言うか、惜しい。

まとめ

という感じで、バード電子から発売されている『HHKB吸振マットHG』をご紹介してみました。

打撃感は確実に向上するものの、グリップ間に関しては使用する環境によって大きく異なりますので、自分の使い方を確認してからの購入がお勧めです。この辺の感想はAmazonレビューでもあまり見かけ無かったので検討している方は参考にしてもらえたらと思います。

favorite post

sumuroではインテリアや暮らしの道具などを紹介しています。

オススメの記事をまとめましたのでぜひ読んでみてください。

関連記事