家具

組み合わせが色々と選べる。平田椅子製作所の『 CAPRA Half Arm Chair 』と『 TOPO Bench 』


組み合わせが色々と選べる。平田椅子製作所の『 CAPRA Half Arm Chair 』と『 TOPO Bench 』

今回のブログは、インテリアコーディネーターの仕事として納品した椅子のご紹介です。

先日、東北ミサワホームさんの分譲住宅の家具とで雑貨のディスプレイを担当させて頂きました。その建物の魅力や納品した家具などは、また後日にブログ記事でご紹介します。

物件を紹介する一足先に、その際に納品させて頂いた、平田椅子製作所の『CAPRA Half Arm Chair 』と『 TOPO Bench 』をご紹介したいと思います。

平田椅子製作所

以前にこのブログで、『旅♯6 職人の技光る。椅子専門の平田椅子製作所の工場を見学させてもらいました。【工場見学】』という記事の中で製作所の工場見学の様子を載せた事もある平田椅子製作所。椅子を作っている様子を細かくご紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

椅子を専門に取り扱っているだけに、『座る』という事へのクオリティの高さはすごいです。平田椅子製作所の椅子はとにかく座りやすい。

CAPRA Half Arm Chair

ダイニングテーブルでは食事はもちろんですが、家族との団欒、時には勉強やパソコン作業など。生活のシーンで色々な使い方があると思います。

食事の時には肘掛のある椅子でゆっくりしたいけど、作業の時には立ち座りを繰り返すから肘掛は邪魔になる。そんな時もあるかと思いますが、その一見矛盾しているような希望を両方叶えたのが、この『CAPRA Half Arm Chair』です。

木製のフレームに背当てと座面のクッションが付いた構造。

最大の特徴が、少しだけ飛び出た肘掛です。

座った時に、肘は置けるけど、足は開放的。というなんとも絶妙なバランスのデザインです。

肘置きの先端はしっかりと角が取ってあり、いつまでもスリスリと撫でたくなるような滑らかさ。

フレームは背もたれに流れていきます。バックシルエットも綺麗ですね。

横から見るとわかりやすいですが、座面のクッション部も湾曲していて、お尻の形に合わせてフィットするような作りです。この辺の作り込みも、さすが椅子専門店と言ったところ。

ちなみにこの椅子にはフルアームチェアもありますが、個人的には今回ご紹介した『CAPRA Half Arm Chair』の方がおススメです。

TOPO Bench

ダイニングの反対側の席には、ベンチを納品しました。こちらも平田椅子製作所の『TOPO Bench』

無駄の無いシンプルな構造のベンチです。とはいえ、ただの箱のような形状ではありません。横から見るとよくわかるのですが、緩いMの字を描くような形状をしています。

これも座りやすさを高める工夫ですね。フレームに合わせて、湾曲した座面は

フラットで平らな座面のベンチに比べ、座っていて疲れにくい作りです。

フレームの材と座面のファブリックが選べる

平田椅子製作所の椅子は、受注生産式です。オーダーしてから製作するまでに1ヶ月から2ヶ月の時間がかかりますが、言い換えれば、オーダー時に自分の好みにカスタム出来るということ。

ですので、平田椅子製作所の椅子は好きな『材種』、好きな『座面ファブリック』から組みわせを選ぶ事が出来ます。

選べる木の種類

基本的には『ハードメープル』・『レッドオーク』・『ブラックチェリー』・『ウォールナット』・『ビーチ』の5つの種類から選べます。

ハードメープル

カエデの木ですね。比較的に硬めの木です。白く透き通るような木目が特徴です。

レッドオーク

オークは楢の木です。木目が強く出るのが特徴的です。

ブラックチェリー

サクラ属の広葉樹です。赤身のある木肌が特徴的。ブラックチェリー材は経年変化で、どんどん濃くなる面白い木です。

ウォールナット

クルミの木です。濃いブラウン色が特徴です。塗装してる訳では無く、切ると濃い色をしています。ウォールナットは人気の高く、知的な印象を持つ木です。個人的にも、ウォールナットの木は好きです。

ビーチ

ブナの木です。ハードメープルに似た白っぽい木肌です。わりと色々

家具に使用される事が多い木なので、聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。

ちなみにブナの木は、曲げ加工に強く、北欧系の家具に使われる事が多い木ですよ。

商品によっては特別加工色も

アイテムは限定されますが、一部の椅子には特別色も用意されています。

アッシュのブラック塗装とビーチのブラウン塗装です。

今回ご紹介した『CAPRA Half Arm Chair』にもアッシュのブラック塗装が使用出来ます。

選べる座面ファブリック

そして、上記の木の種類に加えファブリックも沢山の種類から選ぶ事が出来ます。

その数50種類以上。

組み合わせを考えると、何百種類もの組み合わせが作れますね

ファブリックには、沢山のカラーや柄モノ。ソフトレザーの合皮まで。

沢山の種類が用意されています。

今回の納品の組みわせ

ちなみに、今回の納品で作成した組み合わせは『レッドオーク』×『ダークブラウンレザー』です。

合皮の座面は、水分を弾きます。ですので、小さなお子さんが居る方などにはとてもおススメなファブリックですよ。

まとめ:やっぱり作りが良いです、平田椅子製作所

という感じで、平田椅子製作所の『CAPRA Half Arm Chair』と『TOPO Bench』をご紹介してみました。平田椅子製作所の椅子に触れるといつも思うのですが、やっぱり作りが良いと感じます。

新築や引っ越しの予定があって、ダイニングの購入を考えている方。座りやすい椅子をお探しなら、平田椅子製作所の椅子。おススメですよ。

関連記事