ステーショナリー

ラミーサファリのニブをEF(極細字)からB(太字)に変更してみました。【太さの比較や書き味】【LAMY Safari】


ラミーサファリのニブをEF(極細字)からB(太字)に変更してみました。【太さの比較や書き味】【LAMY Safari】

先日のブログでラミーの万年筆『safari』をご紹介しました。

▷初めての万年筆におすすめ。LAMYの万年筆『safari』【カジュアルな万年筆】

初めての万年筆にちょうど良い使いやすい筆記具です。万年筆のペン先(ニブ)には何種類かの太さがあり、私は1番細いEF(極細字)を使っていました。記事中でも書いたのですが、B(太字)のニブが気になっていました。先日のラミーの記事を書いたら、余計に気になりが加速してしまいまして。Amazonでポチってしまったので、早速紹介したいと思います。

ラミー交換用ニブ(B)

こちらがB(太字)のニブです。

使っていたEF(極細字)のニブはシルバーだったのに対して、今回はブラック。引き締まった印象で高級感があります。

早速取り替えを行います。

ラミーの万年筆は、ニブを引き抜くとスポッと簡単に外れるような構造。真っ直ぐに取り外すだけです。

むき出しのインク軸。

交換用の軸を差し込みます。交換完了です。

交換の際は手が汚れますので、ティッシュなどで手に付かないようにすると良いと思います。

インクカートリッジも念のため外しておいた方が良いでしょう。

線の太さは?

という訳で実際に、線の太さを比べてみましょう。

左がEF(極細字)で右がB(太字)です。

比べてみると結構違いがわかりますね。

Bは太いので男性的な印象。それに比べてEFは細いので女性的でシャープな印象です。

Bは太いので強弱が付けやすく、筆のような感覚で書けます。毛筆と硬筆の間のような感覚。何て言うんでしょうね、この感じ。文字に味が出る感じです。

個人的にはBの書き味の方が好きですね。文字の『払い』のシュッと流す部分とか書いていて気持ちいいです。

太字と言っても、文字が潰れるほど太い訳では無いので3mm程度の文字サイズなら問題無く使えると感じます。意外と小さな文字も書けます。

とはいえ、手帳などに書き込むのには向かないかもですね。そんなイメージのサイズ感です。

まとめ

という感じで簡単にですがラミーの万年筆『Safari』のニブをEFからBへ変更した事を記事にしてみました。太さが変わると文字の雰囲気が変わるので、ますます万年筆を持ち歩きたくなります。シンプルにラミーの万年筆、おススメですよ。

万年筆って使い始めると、どんどん書き味を追求して買い増やしてしまう、いわゆる『沼』が存在しているらしい。今回のニブ交換で片足を突っ込んでしまったような感覚です。気をつけねば。