ステーショナリー

初めての万年筆におすすめ。LAMYの万年筆『safari』【カジュアルな万年筆】


初めての万年筆におすすめ。LAMYの万年筆『safari』【カジュアルな万年筆】

万年筆。ちょっと憧れの筆記具として、今も昔も変わらずに在り続けているのではないでしょうか。万年筆は数万円する高級な物から、数千円で買える物まで。

万年筆が欲しいけど、どれを買えば良いかわからない。という人にはLAMYの万年筆をおすすめします。価格も手が届きやすくて、使い勝手も良い。

LAMYは初めての万年筆に丁度良いと思います。

LAMY 『safari』万年筆

以前にこのブログでLAMY『noto』をご紹介した事があります。『noto 』はボールペンでしたが、『safari』は万年筆です。

『safari』のボールペンタイプも販売されていますので、購入の際は間違えないよう注意が必要です。

カジュアルとフォーマルの丁度間に位置するようなデザインバランスだと思います。

プラスチックの質感は、良い意味で肩の力が抜けた感じだと思います。

この気軽に日常使い出来る雰囲気も、LAMYの『safari』を最初の1本の万年筆なおすすめしたい理由の1つです。

高級なレストランでも無い、でも庶民系の居酒屋でも無い。的な立ち位置。

価格も2,000円〜3,000円程で購入出来る事も魅力。

キャップを外すと、ペン先が出てきます。

ここは、さすが万年筆。普通のボールペンのペン先には無い気品のような貫禄を感じます。

ペン軸に空いた窓から、インク残量を確認する事が出来ます。ドイツらしい機能美なデザイン。

グリップ感良し

『safari』のペン軸には持ちやすいよう、平らな面があります。グリップ性も良しです。しっかりペン軸をホールド出来ます。

限定カラーがある

LAMYの魅力の1つに、毎年のように出る『限定カラー』があります。

その年にしか買えない個性的なカラーの『safari』がある事も人気の理由ですね。

ちなみに、私が使用しているのは2012年の限定カラー『グリーン』。選んだ理由としては、そもそも色としてグリーンが好き、という事もありますが。

このアマガエルのような発色の良いグリーンに惹かれたのが1番の理由です。

思わず『書く』という行為が楽しくなるようなカラー。購入から年数が経ちましたが、今だにずっと気に入っています。マイフェイバリット。

インクがカートリッジ式

万年筆にはインクの吸引して使うタイプがありますが、LAMYの『safari』はカートリッジ式です。

ボールペンのインク軸を交換するような感覚で、交換インクを取り替えながら使用します。

万年筆と聞くと、少々ハードルが高く感じる方も居るかもしれませんが、LAMYの『safari』はそんな事ありません。インク交換も簡単です。

インクカートリッジは、5本の替えインクがワンセットで販売されています。

インクのカラーも色々ある

インクのカラーもブルーやグリーンなど何種類かあるので、自分好みの色が使えるのも良いポイント。

インクのカラーを変える時の注意点とお手入れ

インクのカラーを変更したい時は、変更前のインクをペン先から抜く必要があります。方法はペン先を水に入ったコップに入れて数時間から一晩置きます。

インクが抜け切っていない場合は、この工程を何度か繰り返します。

このインク抜きの作業。インクのカラーを変更しない時でも、たまに行う事でペン先のインク詰まりを予防出来ます。日頃のお手入れとしても良い方法です。

紙に書いてみると

紙に書いてみるとペン先から万年筆特有の『カリカリ』という音が鳴ります。この音が良いんですよ。万年筆の醍醐味。

力を入れると線が少し太くなり、弱めると細くなります。

万年筆はクセが付くので自分だけが使うようにしたい

万年筆のペン先は、使い込む事で自分だけの『クセ』がつきます。使うごとに自分だけのエイジングが進みます。

ですので、万年筆は人に貸さない。というのが鉄則です。

ペン先も色々あります

LAMYの『safari』用のペン先のサイズも細いものから太いものまで数種類販売されています。

私が使っているのは1番ペン先が細い『EF』というサイズ。細かい文字も書けるようにこのサイズを選んでいます。

とはいえ、1番太いペン先を購入しようか検討中です。ペン先が太いと力の入れ具合での線の強弱が付きやすいという事なので、記事を書きながら試してみたい衝動に駆られています。もし購入したら、ペン先の太さの比較をしても面白いかもしれませんね。

↑気になっているペン先はこれ。

追記:実際に購入して付け替えてみました。

まとめ:最初の一本におすすめ

という感じで、LAMYの万年筆『safari』をご紹介してみました。最初の万年筆として最適な1本だと思います。普通のボールペンと比べたら手入れなども必要になりますが、そこも醍醐味。手をかける楽しさが好きな人にはおススメです。

契約書などの大事な場面でのサインを万年筆で書くと、どこか背筋が伸びますよ。

関連記事