暮らし系

ただただ、美味しいチョコレートが食べたいなら。people tree (ピープルツリー)のフェアトレードチョコレート。


ただただ、美味しいチョコレートが食べたいなら。people tree (ピープルツリー)のフェアトレードチョコレート。

毎年、冬になると食べたくなるチョコレートがあります。

それは、people tree から発売されているフェアトレードチョコレート。

冬にだけ発売される特別なチョコレートです。

フェアトレードチョコレート

女性服も手掛けているメーカーの『people tree』から、冬になると発売されるのが今回ご紹介するフェアトレードチョコレートです。

カカオが生産されているのは、ボリビアやペルー。

フェアトレードとは、生産者から適正な価格で買い取ることで、日々の生活や健康を支えようという活動です。

カカオの生産には児童労働の問題がニュースになったりしておりますが、このフェアトレードチョコレートはそういった問題とも向き合ったチョコレート。になっています。

このチョコレート。そういったバックストーリーだけでも買う価値があるくらいなのですが、味もしっかり美味しいチョコレートです。

フェアトレードチョコレートには、沢山の味が出ているのですが、今回は『オーガニック ペルー75』と『オーガニック カカオニブ』を用意してみました。

まず、パッケージのイラストが目に飛び込んできますよね。

このイラストはイラストレーターの大神慶子さんによるもの。

何でも1番商売っ気の無いデザインだから採用されたのだとか。そんな話も面白いですよね。

ピープルツリーの公式ブログの▷『大神慶子さんにフェアトレード・チョコレートのデザインについて聞きました。』からデザイン選考にまつわるインタビューを読む事も出来ます。

さて、肝心のチョコレート味です。

オーガニック ペルー75

名前の通り、カカオ75%のチョコレートです。

個人的には、甘すぎるチョコレートは苦手なので、チョコを買う時はカカオが強い物を選ぶ事が多いです。カカオが強いチョコって、カカオの味がダイレクトにわかる分、当たり外れがあると思っています。

中には、カカオが強すぎて口の中が鈍くなったり、噛みずらいものあり、そういったのは苦手です。

このフェアトレードのチョコレートはカカオが強いのに食べやすいです。ただただカカオの苦味があるという感じでも無く、しっかり香る感じ。

『あぁ、チョコ食べてるー』って思います。

口溶けも滑らか。

普段、甘いものは食べないよ、という男性でも食べやすい味かと。

オーガニック カカオニブ

そして、もう一つ。カカオニブ味です。

そもそも、カカオニブって何?って思い調べてみましたら、カカオ豆を砕いてチップ状にした物のことみたいです。

こちらもカカオは58%以上入っているのでビターな感じの味ですね。

中にフレーク状のカカオニブが入っていて、食感にアクセントがありますね。

こちらもカカオの風味がとてもあり、美味しいですよ。

ちなみにこちらは、2019年新発売の味です。

毎年1種類、新しい味が追加されるのもフェアトレードチョコレートの楽しい特徴です。

まとめ

という感じで、冬季限定発売の『people treeのフェアトレードチョコレート』をご紹介してみました。パッケージも可愛いので贈り物にも良いと思いますよ。

コーヒーとの相性も抜群です。

元々、people tree は服飾ブランドなので、服屋さんやセレクトショップでも販売されていたりします。

この冬、この可愛いイラストのチョコレートを見かけて買ってみたら幸せな気分になれるかもしれません。