照明

ひび割れたガラスが綺麗な照明。インターフォルム 『Ao』


ひび割れたガラスが綺麗な照明。インターフォルム 『Ao』

照明のデザイン1つで部屋の雰囲気はガラッと変わります。照明選びって部屋作りにおいて大事な要素の1つです。今回はインテリアコーディネーターとしての仕事で部屋のディスプレイに使った照明をご紹介します。インターフォルムというメーカーの『Ao』という照明です。

インターフォルム【INTERFORM】

インターフォルムは神戸のインテリア雑貨メーカーです。数多くの照明や時計、ファブリックなど。部屋の中に関する多くのアイテムを作られています。

多くのインテリアショップや雑貨屋さんでも取り扱いがあるメーカーなので、これ見た事ある!という商品も多いと思いますよ。メーカーの印象としてはトレンドをしっかり抑えるイメージです。価格帯もリーズナブルで買いやすい物が多いですよ。

『Ao』ペンダントライト

さて今回ご紹介するのは、そんなインターフォルムの中から『Ao』という名前の照明です。

ヒビの入ったフードガラス

特徴的なヒビの入ったフードガラス。ヒビの部分で光が強調されて綺麗です。熱したガラスを急激に冷やして温度変化によりヒビを入れて作るのだとか。

もちろんヒビは入っていますが触れても割れませんので安心です。

ヒビの入ったガラスは、影が落ちるのも特徴。狭い部屋であれば壁に影が映ります。トイレや玄関などの狭い空間に取り付けると影が楽しめると思います。

照明にスイッチがある

この照明には、フードの上の部分に回転式のスイッチが付いています。照明の本体でも点灯のオンオフが切り替えられる仕様です。

この機能。例えば、アパートで壁スイッチが無い部屋でも問題無く使用出来ます。

壁スイッチのある部屋でも、ちょっとだけ暗くしたいとか、逆にちょっとだけ点けたいとか、壁まで歩くのめんどくさいな。みたいな時にも便利です。地味に便利にしてくれる機能ですね。

紐スイッチと違って見た目もスッキリしていて良いと思います。

コード調整用のカラビナ付き

この照明のコード長は2m近くあり、割と長め。ですが、付属のカラビナにコードのチェーンを引っ掛ける事で長さを調節出来ます。

長さ調整用にコードリールを用意する必要もありません。

とはいえ、カラビナでコードを詰めるとチェーンが少しもたついて見えてしまうのが残念。チェーンはペンチなどを使えば外せるので、自分好みにチェーンを外してスッキリ見せるのもアリだと思います。

シーリングソケットを隠せフードも

シーリングソケットを隠せるフードも付属しています。せっかく照明がオシャレでも、シーリングタップが見えてしまうと格好悪いですからね。

ガラスフードのデザインも色々

今回ご紹介した『Ao』はヒビの入ったクラックガラスですが、この他にも【シンプルなクリアガラス】【気泡が入ったバブルガラス】【薄くモヤがかかったように見えるフロストガラス】の全4種のデザインが用意されています。

もちろんLEDにも対応

仕様出来る電球はLEDにも対応しています。最近のLED電球の明かりはクオリティも上がってきて見た目も良いです。初期コストこそかかりますが、値段もLED電球自体の値段も下がってきてますので、個人的にLED電球の使用をオススメします。電気代1/6とかですからね。結果的にお財布に優しいです。

まとめ : 照明選びの参考に

という感じで、インターフォルムの照明『Ao』をご紹介してみました。世の中には沢山の照明が販売されていて、いざ選ぶとなると大変ですが、照明で部屋の雰囲気は変わるので、部屋の完成図を妄想しつつ、楽しみながら選んでもらえたら幸いです。