暮らし系

毎週がお祭り。盛岡「よ市」へ行ってきました。


毎週がお祭り。盛岡「よ市」へ行ってきました。

40年以上続くストリートマーケット

先日、盛岡市材木町で開かれている「よ市」に行ってきました。40年以上続くストリートマーケットですね。私は、存在は知りながらも1回も行った事が無かったです。行ってみたらこれがもう楽しくて楽しくて。ハマってしまいそうです、私。

よ市

4月〜11月までの毎週土曜日。15:00〜18:30まで盛岡市の材木町で開催されています。その始まりは1974年。商店街を盛り上げるべく始まりました。

よ市の「よ」には、色々な意味がこめられているのだとか。多種にわたる意味の「萬」、余るほど豊富な「余」、良い商品を届ける「良」、お客様に提供し与える「与」、満足して頂く喜び「喜」という、5つ。色々な「よ」を市で行うから「よ市」

お祭りの、あの感じ

行って最初に驚いたのは人の多さですね。盛岡市の大通りから人が離れて寂しい。みたいな話を聞いたり体感したりしていたのですが、材木町に来てみてびっくり。ここに人が集まっていたのか!と思いました。

盛岡市をぐるぐる走る「でんでんむし」というバスで材木町まで来たのですが、材木町で降車する方も多かったです。

通路は歩行者天国になっており、道の両サイドに出店が並びます。販売している物はお酒だったり、焼き鳥や焼きそば、などの食べ物はもちろんの事。農家の方が生野菜を売っていたり。フリーマケットのように色々な物を販売していたりもします。

夏祭りの、あの雰囲気ってあるじゃないですか?発電機の音がジジジッとなりながら、沢山の人たちのガヤガヤ感。この夏祭りの感じって、その場に居るだけでテンション上がっちゃいますよね。よ市には「それ」がありました。

骨董品のようなものまで。良い意味で何でもアリです。

ベアレンのビール

岩手県の地ビールに「ベアレンビール」があります。ご当地クラフトビールです。ベアレンの味って他のビールには無い物なので県内でもとても人気の地ビールです。そのベアレンビールがよ市だと、めちゃくちゃお得に飲めるんですね。衝撃を受けました。

こちらがベアレンビール。エコなリユースカップに注いでくれます。最初に買う時には500円払うのですが、このリユースカップを返すと200円戻ってきます。実質300円でベアレンビールが飲めるというお得さ。もちろん、おかわりもオーケーで、このカップを持っていき注いでもらいます。おかわりは1杯300円です。

ちなみにこの日のベアレンの味は「かぼすラードラー」と「アルト」

かぼすラードラーは、その名の通り。飲んだ瞬間にかぼすの香りが広がります。まるでカクテルサワーのような爽やかさでした。女性に人気の出そうな味です。

アルトは美味しいコクのあるビールでした。こちらはザ・ビールといった印象。

外でビールを飲むと、なぜにあんなに美味しいんでしょうね。ビール片手に出店を見て歩くのが最高でした。

牡蠣

出店の中に牡蠣小屋があります。こちらも大変におすすめ。この大きな牡蠣がなんと200円で食べられます。200円って。お得すぎますね。

もうすでにまた行きたくなっている

盛岡市の材木町、よ市のご紹介でした。こんな楽しいイベント、もっと早く行けば良かったって素直に思いました。この感じが毎週土曜日に開催されているって凄いですね。ずっと盛岡で続く文化であって欲しいと思います。

県外の方も、この「よ市」を目当てに盛岡に来ても十分楽しめると思います。

あぁ、もうまた「よ市」に行きたくなっています。友達を誘ってまた行こう。そうしよう。

よ市

盛岡市材木町にて

4月〜11月の毎週土曜日。15:00〜18:30。

お酒を飲むならバスで行くのが便利です。

使っているカメラとレンズ