暮らし系

部屋に花を飾ろう。#3


【インテリアのコト】野花を摘む。ハルジオン

7月に入り気温も上がってきました。まだまだ暑い日と寒い日の差があるものの、エアコンを付けたい日も増えてきたこの頃。確実に夏が近づいてきています。アパートの前には川が流れていて土手があるのですが、土手には草が生い茂り、その茂みの中にポツリポツリと野花が咲いています。

今回は野花を摘むお話し。

今回摘んできた花は、小さな白い花びらが可愛いこのお花。摘んだ時は何の花かわかっていなかったのですが、調べると「ハルジオン」という事がわかりました。

「ハルジオン」。BUMP OF CHICKENの曲にありましたね。この花の事を歌ってたんですね。

1束分摘み取ります。

そのまま花瓶へ。良い感じです。

ハルジオンについても色々と調べてみました。

花言葉

前回から引き続き花言葉についても調べてみました。ハルジオンの花言葉は「追想の愛」だそうです。過去の出来ことを思い返すような意味ですかね。少し悲しげな印象。

さらにハルジオンには別名もあるらしく、なんとその名前は「貧乏草」。ハルジオンを摘んだり折ったりすると貧乏になると言われているようです。摘んでから知ってちょっとショックでした。笑

ハルジオンは外来種に該当するようで、生命力がとても強くどんな場所でも生えるそうです。その為、手入れがされている庭や農家さんの畑では、他の植物の発育に影響を与えるので取り除かれる事が多いんだとか。逆に言えば、どんな場所でも生きていけるという事。貧乏な家の手入れの行き届かない庭にも生えるイメージから「貧乏草」と呼ばれるみたいですね。

貧乏草と呼ばれちゃう「ハルジオン」ですが、白く小さな花びらは可愛いです。せっかく摘んできたので,貧乏にならない事を祈りながらしばらく飾ろうかなと思います。

[ad]スポンサードリンク [/ad]
関連記事