暮らし系

ここが便利で素敵だよ、Spotify。

音楽は生活の中に切っても切れないものではあります。Spotifyを利用するようになって1年以上経つのですが、本当に良いサービスだなと思っています。

今回の記事では個人的に気に入っているSpotifyの良い部分をご紹介したいと思います。


ここが便利で素敵だよ、Spotify

操作性がシンプル

個人的に1番気に入ってる部分がSpotifyの操作性なんですよね。UIがとても直感的でシンプル。

スマホであれば、曲を右にスワイプするだけで次に再生するリストに入れられますし、左にスワイプすればお気に入りに登録出来ます。

お気に入りに登録しているアーティストの新譜が発売されれば、自動でトップ画面に表示されます。

再生機器の選択もスマート

複数の再生機器をいつでもワンクリックで切り替えることが出来ます。しかも切り替わるスピードがとても早くてほぼシームレスに切り替わります。

デバイス間の連携が良い

PCやスマホなどのデバイス間での連携がとても素晴らしいんですよ。同一アカウントでログインしておくことで、例えばPCで聴いていた途中からスマホでも再生出来たり。

YouTubeの履歴で見た途中を記録しているようなイメージですね。

さらに、PCで再生しているのですが、曲はスマホで選択するということも可能です。スマホをリモコンのように使用することも出来るんです。この機能もとても便利です。

データ節約モードにしておけば、そこまで通信容量は使わない

外出時にモバイル通信で音楽を聴いているとデータ通信量が気になるという人もいると思いますが、設定から『データ節約モードをオン』にしておけば、そこまで通信容量は使いません。ご安心ください。

検証してみたのですが、1時間モバイル回線で聴いて20〜30MB程度。大体1曲2〜3MBくらいですかね。

曲を読み込む度に通信が発生するので、読み込み回数が増えるほど、通信量も上がります。

とはいえ、この程度の通信容量であれば、個人的にはまったく気にならないレベルかなと。

いつでも自由にその時に聴きたい曲を聴いています。

データ節約モードでも音質はそこまで劣化しません。Spotifyの最低音質は24kbps配信です。数字だけみるとけっこう音質の劣化が酷そうに思えるのですが、実際に聴いてみるとそこまで劣化しているようには感じないんですよ。

出先で移動中に音楽を聴く人が大半だと思いますので、そこまで音質にこだわる必要性もそもそも無いですからね。音質にこだわりたい人以外には、ほぼ影響無いレベルの音質かなと思います。

気になる時はあらかじめダウンロードしておける

とはいえ、データ容量やっぱり気になる。という人はあらかじめスマホにダウンロードをしておくことも可能です。

そうすれば通信容量をまったく気にせずに楽しむことが出来ます。

Apple Watchにもダウンロード可能

さらに、Apple Watchへのダウンロードも2021年から可能になりました。この機能のおかげで例えば外をランニングする時などにスマホを持ち出さなくて良くなるんですよね。

Apple Watchがあればスマホ無しで手ぶらで音楽が聴けるという。組み合わせて使うとさらに利便性は上がります。

音質も良い

Wi-Fi環境で聴く時の設定を最高音質にしておけば、もちろん良い音質で聴けます。最高音質は320kbpsで配信されています。

これはAmazon musicなどのその他のストリーミングサービスと同等のビットレートになります。

もちろんAmazon music HDなどのハイクオリティ配信(850kbps)なども始まってはいるのですが、そのポテンシャルを活かせるヘッドホンやスピーカーなどを持っていないとその良さは実感出来ないと思いました。

Amazon music HDも過去に試した事があるのですが、私のオーディオ環境ではそこまで違いを体感出来ませんでした。

オーディオマニアでも無い限り、ほとんどの人にはSpotifyを始め通常のストリーミングサービスの最高音質の設定で充分楽しめるのではと感じます。

『Spotify HiFi』ハイクオリティ版のプランもリリース予定

とはいえ、音質にこだわる方の為のハイクオリティ版。ロスレス再生の『Spotify HiFi』も始まる予定です。まだ詳細は何も発表されていないのですが、今後の続報が楽しみであります。

Spotifyオリジナルのプレイリストが良い

Spotifyオリジナルのプレイリストが多数用意されています。このプレイリストのクオリティがとても高いんです。

特に名前にchillが付いている『chill 〇〇』みたいなプレイリストがあるのですが、この辺りの曲セレクトはかなり良いですね。部屋でゆったり過ごしたい時などに流し聴きするのがおすすめです。

好きなアーティストがプレイリストを公開していたりも

さらに自分の好きなアーティストがSpotify上でプレイリストを公開してくれていたりもします。それもを聴くのもまた楽しい訳です。

Spotifyは有料版が最高

ちなみにですがSpotifyは無料でも使用できます。ただし制限がけっこう強いです。『シャッフル再生のみ・曲送り、曲戻し不可・曲の指定不可・曲間に広告が入る』という内容。もちろん音質もいつでも低音質です。ラジオ的に使うなら良いのですが、『音楽を楽しむ』という視点ではまったく役に立たないと言って良いと思います。ストレスが溜まるだけです。

Spotifyの有料版は月額980円ですが、この価格で膨大な曲のプレイリストが持ち運べると思えば、全然高くないと思います。仮にCDアルバムを買っていたら3,000円する訳ですからね。

聴きたい曲が、聴きたい時にいつでも聴ける。という環境が手に入るのは最高と言えます。

但し、全ての楽曲を網羅している訳では無い

注意点としては、世の全ての楽曲を網羅している訳では無いことですね。まあとはいえ、ほとんどの思いつくアーティストの楽曲はほぼほぼ揃っています。

好きなアーティストのコラボ盤ですとか、よっぽどマイナーなものとか。版権がややこしそうなものほど無い印象がありますね。

個人的にはそこまで気にならない点かなと思います。

おわりに

という感じでSpotifyの魅力をご紹介してみました。音楽を毎日聴く方なら加入しても損の無いサービスかと思います。

ぜひチェックしてみてください。

まあSpotifyに限らないのですが、音楽のストリーミングを試したことの無い方は一度騙されたと思って試してみると世界が変わりますので本当におすすめです。

『Spotify』をロキノン世代にこそ試して欲しい理由

▽世はサブスクで溢れている。『私のサブスク』をまとめてみました。

▽Spotifyで聞ける。最近お気に入りのポッドキャスト。

▽【作業BGM】おすすめのインストミュージック・アーティストまとめ。【21選】



最新の記事
同じカテゴリーの記事