ガジェット

2020年は iPhone 12 mini を買おうかと思う話。


2020年は iPhone 12 mini を買おうかと思う話。

さて、秋は色々なものや、ことについてピークタイムが訪れる。

食欲、読書、スポーツ、芸樹。そして、そう iPhone の秋だ

先日発表された『iPhone 12』

今年は『iPhone12』『iPhone12 mini』『iPhone 12 pro』『iPhone 12 pro max』の4種類と選択肢の多いラインナップとなっています。

今年の iPhone は選ぶのが難しいですね。嬉しい悩ましさ。

結論から書くと、私は『iPhone 12 mini』を購入することに決めました。

これ、けっこう悩んで決めました。なぜ今年は iPhone 12 mini に決めたのか。

今回の記事では、そんなことについて書いてみたいと思います。

iPhone 12 mini に決めた理由

画像引用 : Apple公式サイト

・LiDARスキャナは気になるけど、それなら iPad Pro を買った方が良さそう。

・片手で楽なサイズ。胸ポケットにもスポッと収まる。

・『mini』だけど搭載されているチップは Proシリーズと一緒。

・価格がお手頃。差額で Apple Watch が余裕で買える。

これまでは iPhone x を使っていました。発売から約3年。

さすがにバッテリーはへたってきたし、アプリによっては『メモリが足りません』と警告が出てしまうこともしばしば。

今回の発表は交換タイミングとしては、使用感としてもちょうど良い感じ。

もちろん全国の Appleファンのみなさんと同じようには発表があった夜は徹夜して見ていました。

今年のiPhone12シリーズはデザインはかつてのiPhone5を踏襲したようなルック。

個人的にですが、『iPhone 4』『iPhone 5』の頃のデザインがとても好きだったので、今回の発表は胸にグッとくるものがありました。

画像引用 : Apple公式サイト

冒頭にも書きましたが今回のiPhoneの発表は4型。

それぞれにサイズ、カメラの個数や、カメラの性能、LiDARスキャナの有無などが異なるのですが、今回はその中でも一番小さく価格も安い『iPhone 12 mini』に。

つい先週までは『iPhone 12 pro max』を買おうかと思っていたのですが、ここにきて心変わりをしました。

LiDARスキャナは気になるけど、それなら iPad Pro を買った方が良さそう。

『iPhone 12 pro max』が気になっていた理由として、LiDARスキャナの存在がありました。LiDARスキャナが搭載されているのは Proシリーズのみです。

LiDARスキャナは空間内の距離を測ることができるセンサーです。

画像引用 : Apple公式サイト

これは私がインテリアを扱う仕事柄、『空間の計測が出来たら仕事で新しい提案が出来そう』と、思ったんですよね。AppleのLiDARスキャナのデモ映像でも家具の配置をAR上で再現していました。

これは使ってみたい!と、直感的に思い『今回は買うならProシリーズだな』と決めかけていたのですが、よくよく考えるとLiDARスキャナは iPad Pro にも付いているんですよね。

仕事でLiDARスキャナによるAR表現などをプレゼンなどに使いたいなら、絶対 iPad Pro の方が良い。画面が大きい方が使いやすいし、単純に見やすい。

そう考えるとProシリーズに拘る理由が無いことに気づきました。Proシリーズはカメラの性能が良いと言っても、ブログなどで使う写真は一眼で撮りますしね。

片手で楽なサイズ。胸ポケットにもスポッと収まる。

画像引用 : Apple公式サイト

iPhone 12 mini に決めた理由の一つにそのサイズがあります。片手にすっぽり収まるサイズ感。

スマホ選びにおいて筐体サイズは重要ですよね。

『iPhone 12 pro max』にしようと思い、参考までに『iPhone 11 pro max』の実機を確認しに行ったけれど、あれはちょっと大きすぎるなと。

もちろん画面が大きく見やすいけれど、手に持つ度に落下に気をつけたり、ズボンのポケットへの中の収まりが悪かったりしたら結構嫌です。

毎日、生活の中で使う上で取り回しの良さは大事な要素であります。

正直、今使っている iPhone x でさえ、気をつけて持たないとスルッと落としそうですからね。

ちなみに参考までに、それぞれのサイズ表です。

 iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
画面サイズ5.4インチ6.1インチ6.1インチ6.7インチ
本体サイズ・高さ131.5mm
・幅64.2mm
・厚さ7.4mm
・高さ146.7mm
・幅71.5mm
・厚さ7.4mm
・高さ160.8mm
・幅78.1mm
・厚さ7.4mm
重量133g162g187g226g

『iPhone 12 pro max』と『iPhone 12 mini』を比べると、サイズ、重さともに一回りを超えて、二回りほど小さい。

このサイズならシャツの胸ポケットにも軽々収まりそう。

先に書いたように、大きな画面でネットサーフィンや動画を見たいならiPadがあれば良いですからね。

昨今のどんどん大きくなっていくスマホ事情の中で、『少し小さくしてみる』というアプローチは良いなと思います。

『mini』だけど搭載されているチップは Proシリーズと一緒。

画像引用 : Apple公式サイト

今回のiPhone 12シリーズに全てに共通で搭載されているチップは『A14 Bionic』 

つまりスペック的に Proシリーズと無印シリーズは大差が無いのです。

もちろん、Proシリーズの方がメモリ数が上だったりすると思いますが、日常生活ではそこまで体感的な差を感じないのかなと思います。

先行で発売された『iPhone 12』と『iPhone 12 Pro』。

この2つの機種を YouTube でベンチマークテストをしている人の動画なども見たのですが、数字的に差はほとんど無いようでした。

今年のiPhoneはサイズやカメラ性能の好みで選んでも問題無いと言えます。

価格がお手頃。差額で Apple Watch だって買える。

画像引用 : Apple公式サイト

iPhone 12 mini は単純に価格が安い。と言っても7万4800円(税別)からですが。家電として見ればかなり高い買い物ですが、iPhone12 シリーズの中ではそれでも一番安いんですよね。

ちなみに検討して迷っていた『iPhone 12 pro max』は11万7800円(税別)からとなっています。その差額は4万3000円となります。

4万あれば Apple Watch を買うことが出来ます。体験的に、その差額でApple WatchかiPadの購入代金に回した方が有意義な気がしています。

もちろん、この辺は価値観の問題なので個人差はありますけどね。

iPhoneで動画をバリバリ撮るし、写真はスマホでしか撮らない。という人には『iPhone 12 pro max』かなり良い選択肢かもしれませんね。(ちなみに pro max だけカメラのセンサー性能が良いです。長くなるので詳しくは書きませんが気になった人は調べてみてください)

まとめ

画像引用 : Apple公式サイト

という感じで、『2020年は iPhone 12 mini を買おうと思っている話』をつらつらと書いてみました。

iPhone 12 mini の予約開始は11月6日より。皆さんは、今年の iPhone は何を買いますか?

個人的な話になりますが、今年の iPhone の発売時期がズレていて良かったです。購入前に冷静になることが出来ました。ズレていなければ勢いで『iPhone 12 pro max』を買ってしまっていた気がします。

iPhone 12 mini が手に入ったら、使用感や感想などもお伝えしたいと思います。ちなみに本体カラーの候補はブラック。ブラウンカラーのレザーケースを付けると可愛いんじゃないかと思っています。

▷Apple公式サイトをチェックする

画像引用 : Apple公式サイト
favorite post

sumuroではインテリアや暮らしの道具などを紹介しています。

オススメの記事をまとめましたのでぜひ読んでみてください。

関連記事