ガジェット

広角レンズとマクロレンズをスマホでも。取り付けるだけで使える『MPJクリップ式広角レンズHD』


広角レンズとマクロレンズをスマホでも。取り付けるだけで使える『MPJクリップ式広角レンズHD』

スマホで風景写真を撮る時に、もっと広角に取れたらな。と思う時があります。スマホのカメラはまだ画角がどうしても狭いですね。

そんな時におすすめなのがスマホに挟むだけで使えるクリップ式のレンズです。

今回はスマホの画角を広角にする事はもちろんですが、さらにマクロ撮影も出来てしまう、ニコイチ的なクリップレンズをご紹介します。

『MPJクリップ式広角レンズHD』

このレンズ、使い方は簡単でスマホやiPhoneのカメラレンズに合わせて挟むだけ。クリップ式になっており挟むだけで固定できます。

クリップ

クリップもしかっりしていて多少の振動ではズレないですね。

ミニマルな造形

個人的に気に入っているポイントの一つは、すごく小さいのにメカニカルな雰囲気が漂っている事。この、なんとも所有欲を満たしてくれるようなミニマルな造形。ミニチュアを愛でる感情に通ずるものがあります。

レンズカバーも一眼カメラのレンズと同じように、はめるタイプのキャップです。

広角レンズとマクロレンズが 『2 in 1』

このレンズの特徴的な点が『広角レンズ』と『マクロレンズ』が1つになっている事。2枚のレンズが重なっている構造になのですが、外側に付いている広角レンズをとりはずすと、マクロレンズとしての使用が出来ます。

写真のようにくるくると回すとレンズが外れる仕組みになっています。

二つのレンズが重なっていると『広角レンズ』として、

一つのレンズだと『マクロレンズ』として使用できるという感じですね。

広角レンズ 0.7倍
マクロレンズ 12倍

実際に撮って比べてみました

同じ位置から撮影した写真を比べてみましょう。

という訳で、実際に撮影した写真を比べてみたいと思います。写真はなるべく同じ位置から撮影しています。

広角レンズ

iPhone
広角レンズあり

こんな感じでかなり広い視野で撮影出来ます。広角だと奥行感が出ますね。一歩下がって撮ってるような印象。レンズを取り付けても色味もほとんど変わりません。

マクロレンズ

iPhone
マクロレンズあり

こちらも野花を撮影して比べてみました。iPhoneのカメラのみよりもマクロレンズを取り付けると、グッと被写体に寄れますね。背景もよりボケて、被写体がくっきりとしています。

注意点として

iPhoneやスマホのレンズにピッタリ合わせて取り付けないと、黒い縁が写り込んでしまうので、取り付けの際には画面で確認しながら微調整が必要です。

まとめ : カバンの中に入れておくと面白いかも

という感じで、『広角レンズ』と『マクロレンズ』が1つになった『MPJクリップ式広角レンズHD』をご紹介してみました。サイズも小さいので、いつもカバンに入れておくのも良いかもですね。スマホに取り付けるだけで、いつも違う雰囲気に撮れるので、インスタに載せる写真に変化を付けたい人にも良さそうです。

Amazonの価格は1000円を切っているので、この価格でここまで遊べるのはコスパ大だと思います。

関連記事