生活雑貨

カバンの切り替えをスムーズにしたい。コクヨのバックインバック『Bizrack up A4』買ってみました。


カバンの切り替えをスムーズにしたい。コクヨのバックインバック『Bizrack up A4』買ってみました。

日によって使うカバンが変わります。街中で用事がある時は基本、自転車で動くのでリュックやトートバックを使いますし、打ち合わせの時などはジャケットを着たりもしますので、持ち運ぶカバンもジャケットに似合う物に。その都度、携帯やら資料やら電卓やら名刺やら。それぞれカバンに入れなおしてました。

もうちょっとこの状況なんとかならないかね。と思い、コクヨから発売されているバックインバックを買ってみました。

コクヨ バックインバック『Bizrack up A4』

購入したのがこちら。A4サイズのバックインバックです。シンプルなデザインがビジネスシーンで使いやすくて良いですね。私はネイビーのカラー選びました。

前のボタンを外すとポケットが現れます。ペンや手帳など、すぐに取り出したい物を入れるのにピッタリなサイズ感。

内側はビビットなカラーになっています。下敷きのように固めの仕切りが1枚付いていますので、書類の型崩れも防げそう。タブレットや小型のパソコンなどを持ち歩くのにも使えますね。

内側にはファスナーの付いた内ポケットも。小さい物などを持ち運ぶのにも良さそうです。

裏側にも大きなポケットが付いています。ここにも書類など、入れる事が出来ますね。

フックに掛けられるベルトも付いています。

前ポケットが優秀

という訳で、手持ちの手帳やらタブレットやらを入れてみました。気持ち良いくらいの収まり感。これ、きっと計算し尽くされているんでしょうね。A5サイズの手帳がピッタリ入りました。ペンを直接差しこめるポケットがあるのも良いと思います。

表側のポケットにはすぐに取り出したい名刺を入れておくと良さそう。

クリアファイルの書類も大丈夫

良いなと思った点のもう一つが、クリアファイルに入った書類もスムーズに入れられる事。カタログなどの冊子も入ります。

ビジネス系のカバンに

ビジネス系のカバンに入れるとこんな感じに。ジャストサイズです。取り出しもスムーズです。

リュックに

リュックに入れてみました。横型のバックインバックなので、リュックに対して縦に入れる必要があります。ですが、バックインバックに前蓋が付いているので、このまま移動してもポケットから物は飛出してませんでした。

内側のポケットに書類だけなら、縦にリュックに入れても問題無いですね。

バックインバックだけを持ち歩いても、おかしく見えない

表面の布は、マット感のあるデニムのような質感。安っぽく見えないので、このままバックインバックのみを持ち歩いてもおかしく見えないと思います。

カラーも豊富

カラー展開は全部で4種類。男性系向けのブラックやネイビーの他にも、女性的なブラウンやアイスブルーも。それぞれインナーのカラーも違います。こういったビジネス向けの商品は男性的な色に寄りがちですが、カラーバリエーションが豊富なのは良いポイントだと思います。

使い方いろいろ

ビジネス向けのバックインバックなので、書類を持ち運びやすいのはもちろんですが、ポケットも多いのでガジェット類を持ち運ぶのにも使いやすいと思います。

まとめ:使いながら最適化していきたい

という感じで簡単ですがコクヨのバックインバックをご紹介してみました。まだ買ったばかりなので、どこにどの道具を入れたら使いやすいか。探りながら最適化したいと思います。

パソコンで言うところのフォルダを新たに作った気分。個人的には億劫になりがちで苦手な分野ではありますが、データも現実もしっかりと整理していきたい。