スマホ関連

AnkerのMagsafe充電器を使ってみたけれど、便利な訳じゃない。【シンプルに重い】

スマホはiPhone 12 mini を使用しています。

今更だけれど、Amazonのブラックフライデーで安くなっていたAnkerのMagsafeの充電器を購入してみました。

この製品に触れてみた感想をご紹介します。結論としてはMagsafe充電器、そんなに便利な訳じゃないです。


Anker PowerWave Magnetic Pad Lite

今回ご紹介するのはこちら。『Anker PowerWave Magnetic Pad Lite』

Amazonのブラックフライデーにて通常2,490円のところ、1,600円にて購入できました。

シンプルな白く丸みのあるパッド部分。薄いグレーで刻印されたANKERのロゴ。

ケーブルの長さは1.5m。端子はUSB-Cです。

磁力でiPhoneの背面にくっつくMagsafe

MagsafeとはiPhone12以降に採用されている仕様です。磁力の力で充電器やアクセサリがiPhoneの背面にくっつきます。

近づけるだけでピタッと固定。Magsafeを使う場合はカバーも対応の物の必要があります。対応している物だと磁力はかなり強力です。

裏返しても落ちることはありません。この状態で充電が出来ています。

従来の無線充電器だと、充電器の上にiPhoneを置いていなければなりませんでしたが、これであれば無線充電中にもiPhoneが操作出来てしまうという訳です。快適で便利そう。

装着した状態だとかなり重い

しかし、実際に使用してみるとそうも上手くはいきませんでした。

なぜならシンプルに重たいから。

Magsafeのパッド部分だけでも54g。

iPhone 12 mini のカバー付きの重さは165g。

合わせると219g。重さは約33%アップ。

これは体感としてかなり重たく感じます。

パッドを装着した状態でスマホを操作するには重たくて結構しんどいです。

そもそも普通のケーブル差している時も充電中に動画や操作は出来る訳で。重たいというデメリットをそこに追加してどうしようという感じ。ケーブル差す手間の方が重たいよりコスパ良いと感じます。

15Wの高速充電に対応していない

そしてこれはこの製品に限った話だけれど。Apple純正のMagsafe充電器なら、15Wの高速充電に対応しています。このANKERの製品は高速充電に対応していません。通常のワイヤレス充電器と同じく7.5Wが最大となります。

かさばるから普通のケーブルを持ち歩いた方が良い

この充電器の持ち歩きは重たいから現実的ではありません。

かさばって荷物にもなるし、それだったら普通にケーブルを持ち歩いた方が良いなと。

強いて言えばの優れていると感じた点

強いて言えばだけど普通のケーブルより優れていると感じた点は、パッドが机から落ちないこと。

パッド面を下にすれば机から落ちるということも無いので、この点はケーブルより便利です。ケーブルだけだとどうしても落ちてしまいますからね。

Lightning端子を根絶したい人向け

結論的にどんな人にこの充電器はおすすめ出来るの?という部分ですが、Lightning端子を根絶したい人には良いかもなと。

私も現状Lightning端子が必要なデバイスってiPhoneだけですから。(iPhoneだけだよっ!!)

ケーブル類をスッキリさせたい人には良いかもしれません。

あとは寝てる間の充電器として採用するとかですかね。

車載タイプのMagsafeならメリットありそう

話は逸れますが、車載器としてのMagsafe充電ならメリットが大きそうだなと感じます。

運転中でも通知を確認したり、ナビを表示したり。MagSafeでくっつき充電も出来るなら便利そうです。次はこちらを試してみたいところです。

おわりに

という感じで簡単にですがAnkerのMagsafe充電器を使用してみた感想をご紹介してみました。

普通に充電は出来ますがその他にメリットを見い出すのは難しい製品かなと。

Magsafeで便利な使い勝手を想像する人は買わない方が良いのかなと思います。



最新の記事
同じカテゴリーの記事