暮らし系

映画・アニメ考察系おすすめYouTubeチャンネル8選。

映画やアニメ。良質なコンテンツの一つの基準に『考察のしがいがある』『語り合える』という軸があるのではないかと思います。

『こうなんじゃないか、ああなんじゃないか』と考えている時間も映画やアニメのコンテンツ体験の一つですよね。

しかし、私もそうですがリアルな生活圏にそういったコンテンツを語り合える知人はそう居ません。そんな時に頼り、代用してくれる存在がYouTubeチャンネルです。

今回の記事では、映画とアニメの考察系おすすめYouTubeチャンネルをご紹介します。コンテンツに対して深掘り、語り合いのような雰囲気が体験出来るチャンネルのみピックアップしています。


映画・アニメ考察系おすすめYouTubeチャンネル8選

山田玲司のヤングサンデー

漫画家の山田玲司さんらによるゴキゲンな番組。山田玲司さんの視点と考察はかなり独特なのですが、他の人では気づけない部分を読み解き解説してくれます。個人的に解説系の人の中では1番好きですね。

テクニカルな分析に走らずに基本的に作者本人に迫る内容となっていて、それが面白いんです。山田玲司さんが漫画家なのでクリエイター視点なんですよね。

例えばエヴァで言っても、『人類補完計画って?』『ロンギヌスの槍ってなに?』とかそう言ったワードを中心とした考察が中心となっていたと思うのですが、そういうのは一切無く。演出などを中心に作者の意図を読み解いていくような解説となっております。完全に作品の読み解く角度が外側から見てる視点なんですよね。

山田玲司さんが初めてエヴァを見て感想と解説を話していく『君はエヴァンゲリオンというアニメを知っているかね?』のシリーズはとても斬新なエヴァ解説を展開してくれています。おすすめです。

映画とアニメに限らず、あらゆるコンテンツを幅広く扱っていますがいずれもおすすめですよ。

番組の前半が無料、後半が有料となっています。YouTubeだと1,190円。ニコニコ動画だと月500円の課金ですね。私も入会していますがその価値はあると思います。

岡田斗司夫

オタキングこと初代ガイナックス社長の岡田斗司夫さんですね。

分析力と考察力が物凄いので見てて面白いですね。特にジブリ系の解説は一見の価値ありますね。映画はそこまで考えて作られているのか。という細かな気づきが沢山紹介されています。

ただ、考察が深まり過ぎてたまに一周まわってぶっ飛び過ぎてるんじゃないかなという回もあったりします。

映画とアニメから外れてしまいますが、個人的には『ゼルダの伝説 breath of the wild』 の考察回もかなり見応えがあったと思います。

最新映画感想レビュー – 茶一郎

映画愛が伝わってくるチャンネルですね。喋りと構成も上手く、この人がおすすめしている映画は自然と見たくなってきます。

初期は顔は出さずに紹介する系の人でしたが、『竜とそばかすの姫』を機に顔出しするようになりました。映画の内容的にネットのオブラーゼにくるまってこの映画を評価するのはフェアじゃないよね。という理由。コンテンツの放つメッセージに真摯に向き合っている映画レビュワーだと思います。

コンテンツ全部見東大生=大島育宙【映画・ドラマ考察】

東京大学卒のXXCLUBという芸人さんやっているチャンネルです。側から見ていても頭が良んだなと感じさせる喋り。細かいところまで分析されているのだなと。『あなたの番です』『真犯人フラグ』など。ドラマのリアルタイム考察などもやられています。論理派という印象ですね。

おまけの夜

映像作家の柿沼キヨシさんによるチャンネルですね。雰囲気としては近所の愉快なお兄ちゃん、という感じ。クリエイター側からの考察的な内容が多く、なるほどね。と思わされることが多いですね。

映画とアニメだけに限らず、音楽など。サブカル好きには刺さる内容かなと。特に現在30代の人とかには心くすぐられるコンテンツが多いと思いますね。

たてはま / CGBeginner

理系の映画レビュアーですね。クリストファーノーランをリスペクトしており『TENET』『インターステラー』などのSF作品の深掘りを得意としています。ノーラン作品は可能な限り実際の物理原則を用いて、映画を撮っているそうです。映画中のSF現象が、なぜこのように見えるか、起きるのか。ということを理系視点でかなり噛み砕いてわかりやすく解説してくれています。

特に『TENET』はとても難解でしたから。この方の解説動画を見るとても理解が深まると思います。

ツッチのムビログ

真面目さが伝わってくるチャンネルですね。プレゼン資料の作りこみがすごいなと思います。考察に独自の面白さがあると言うよりは圧倒的にリサーチしてまとめてくれている感じかなと。

難解な作品などもわかりやすく解説してくれています。扱うジャンルもアニメからハリウッド映画まで様々ですね。

たぐぢエンターテイメント

小難しい御託は抜きにして。今観るべきアニメを知りたいならば『たぐぢエンターテイメント』はチェックして損は無いと言えます。

『たぐぢエンターテイメント』はただのアニメ好きなんです。ただ人よりアニメを沢山見ている人。それだけ。

だからこそ、純粋にアニメとして楽しめたか、楽しめなかったか。という部分だけで紹介してくれるんですよ。小難しい考察は無いです。

それが逆に良い場合もあります。

純粋にアニメ愛に溢れているので、ただただアニメを楽しみたい人にはおすすめ出来ます。かなりクセは強いので人を選ぶとは思いますが。喋りは落語家的でかなり上手いと思いますよ。

別チャンネルで運営している『アニメガタリズ』も面白く、毎週独自のアニメランキングが展開されています。今見るべきアニメを知りたいなら『アニメガタリズ』をチェックして損は無いと思います。

おわりに

という感じで、おすすめの映画・アニメの考察系YouTubeチャンネルをご紹介して見ました。どのチャンネルにも共通して言えることは『コンテンツに対するリスペクトと愛が溢れている』ってことですね。

単純に面白い映画やアニメが観たい。好きな映画やアニメについて深掘りしたい。

そんな欲求を持っている方はぜひ紹介したチャンネルをチェックしてみてください。

自分が普通に暮らしていたら絶対に出会えないコンテンツを知りたいという人にもおすすめです。



最新の記事
同じカテゴリーの記事