パソコン関連

【hillock マウスレスト】素材感は100均クオリティ。それでも使い心地は最高。【手首の悩み解消】

マウスリストレスト。これまでに2つのリストレストを試してきましたが、いずれもしっくこなかった。というのが本音。

ウレタンやゲル素材のものだと腕に圧がかかる過ぎてしまう感覚があると言いますか。血流が悪くなっているような感覚があるんですよね。

とはいえ、リストレスト無しで1日中PCを操作しているとどうしても手首が少し痛くなります。やはり諦めきれなかったマウスリストレストへの渇望。

先日、人間工学に基づいた『hillock』というリストレストをクラウドファンディングサイトで見つけ、最後の頼みの綱として購入してみました。三度目の正直。

そして、なんと。これがしっくりきたんですよ。使い心地が良い。

今回はこの人間工学なリストレスト『hillock』の使用感をご紹介します。


人間工学デザイン  マウスリストレスト『hillock』

という訳で今回ご紹介するのは『hillock』というリストレスト。結論から申し上げると使い心地がとても良くて驚きました。控えめに言って最高ですね。

人間工学に基づいたデザイン

このリストレストには人間工学に基づいた計算によるデザインが反映されています。なんでも中央部分の高さが16mmになることが1番バランスが良いんだとか。

手首への圧迫感がまるで無い

以前に試したウレタン素材やゲル素材のリストレストだと手首の圧迫感が強く、血流が滞るような感覚がありました。長時間使っていると腕がダルくなる感じですね。

Hillockにはその圧迫感がまるでありません。極めて快適。

ウェーブを描いた形状は手首に自然とフィットします。

素材は樹脂ですが、中央部分に圧がかかるとしなるように出来ています。これが見た目以上に快適ですね。

クッション素材と違い、蒸れるような感触もありません。

手首がフワッと浮いてスライドするような感覚

裏面に超低摩擦のパッドが付いています。このパッドがとてもすごい。滑りが良すぎます。

手首を乗せた状態でもデスクの上をhillockがスイスイ移動。

まるで腕にローラースケートが付いたような体感。サーっと流れるように滑ります。マウスからキーボードへの移動も楽に行えます。

私は木製のデスクを使用しています。木天板でも問題なくスムーズに滑ります。引っかかることはまずありません。

ホバー感があると言いますか。とにかく手首が軽くなります。

常に手首がサポートされている状態に

マウスやキーボードを操作する時は手首を浮かす必要がありましたが、hillockを使用している時は常に手首が着座状態。

手首の披露はかなり軽減されます。

hillockでマウスとキーボード間を移動をしている時も、使用感はまったく変わりません。

とはいえ、気になった点を少し

正直、素材感は100均クオリティ

素材感は正直に言って、100均にあるような感じです。樹脂の金型成形品ですし。何もしらない人が見たら100均で買ったと言っても信じる素材クオリティ。でも価格は割引無しだと2,950円。正直この感じでこの価格は高い。

ただ、それを補って上回る使い心地があることは間違いありません。それは保証出来ます。

素材感はイマイチでも、使い心地は最高なんです。そう言わざる負えない。この素材感にして2,950円の価値あるな。と素直に思わされたので、中々に凄い製品だなと思います。

要はこの製品にはこの形状に辿り着くまでの試行錯誤にこそ、価格の本質があるんだと思います。

調子に乗ってスイスイやっていると、脚がデスクから落ちる

快適だからとスイスイ動かしていて動作が大きくなるとたまにデスク天板からリストレストの脚が落ちます。

4つの脚のうち、1箇所なら落ちても引っかからず復帰出来ますが、2箇所落ちると完全に引っかかてしまいますね。

使用していて気になった点としては上記の事くらいでしょうか。

おわりに マウスによる手首の悩みを持つ全ての方へ

という感じで人間工学に基づいたマウスリストレスト『hillock』をご紹介してみました。使い心地は保証します。マウス操作による手首の披露にお悩みの方はぜひお試しください。パソコン作業が多い方は買って損しないと思います。

クラウドファンディングサイト『machi-ya』で資金を集めているようです。現在は募集を終了していますが、またいずれ再開すると思います。欲しい方はぜひ定期的にチェックしてみてください。

▷monoto design オフィシャルサイト

▷machi-ya 『hillock』支援ページ

個人的には素材感がアップした仕様の物が出るとなお嬉しいし、一般ウケするような気もしました。

なんにせよ、私のリストレスト探しの旅は一旦これにて終了となります。



最新の記事
同じカテゴリーの記事