コーディネート

植物の管理が難しい場所に。造花の観葉植物を選ぶならこのメーカーがおすすめ。【東京堂・SPICE】


植物の管理が難しい場所に。造花の観葉植物を選ぶならこのメーカーがおすすめ。【東京堂・SPICE】

空間に観葉植物があるだけで、なんとも心が和むものです。

しかし、観葉植物は好きだけれど、管理は苦手。あるいはオフィスなどの複数人で共有するスペースで定期的な管理が難しい。

そんな環境や状況で活躍するのが『造花の観葉植物』です。

今回の記事ではクオリティの高い造花の観葉植物のメーカーの2つご紹介します。

クオリティの高い、造花の観葉植物メーカー

という訳で今回ご紹介するのはクオリティの高い造花の観葉植物です。

造花の類はホームセンターや100円均一など。色々な場所で売っていると思うんんですけれど、正直、いかにも造花っていうのがわかっちゃう物が多いんですよね。

しかし、今回ご紹介するのは近くで見なければフェイクだとわからないレベルのクオリティです。

もちろんクオリティの分価格も少し上がりますが、どうせ置くならばちゃんとした物を置きたいですよね。

東京堂

最初に紹介するのは『東京堂』というメーカーです。

東京堂は造花の専門メーカーとあって、植物の再現度がとても高いです。

植物を忠実に再現していくような、『リアル志向』のメーカーです。

多肉系のクオリティも高く、色のムラみたいなところまで再現してあります。

葉物も遠目から見るとほとんどわからないかなと思います。

写真で見るとより本物っぽく見えますよね。

東京堂では、観葉植物の他にもリースや一輪花などもあります。種類は膨大にあり、造花が欲しければひとまずこのメーカーを覗けば間違いなしという感じです。

▷東京堂のオフィシャルページ

SPICE

次にご紹介するのは『SPICE』というメーカーです。

生活雑貨のメーカーなのですが、造花の取り扱いもあります。

リアル志向だったのが『東京堂』ならば、『SPICE』は鉢のデザインに凝っていたりと、インテリアとして面白い物が多いメーカーです。

『造花である事をバレないようにする。』というよりは、造花であることを逆手にとった雰囲気の物が多いです。

たとえば、ダイヤ状のフレームに入ったテラリウム。生の植物であればこうしたデザインは難しいと思いますが、こんなふうにアートより寄せられるのも造花ならではかなと思います。

シルバーの鉢に入った物も。

造花をインテリアとしてよりはっきり見せたい。という人には『SPICE』がおすすめですよ。

▷SPICEオフィシャルサイト

まとめ

という感じで簡単にですが、クオリティの高い造花の観葉植物が買えるメーカーをご紹介してみました。

個人的には生きた植物を育てる方が楽しいとは思っていますが、とはいえ管理が難しい場所や状況では造花もアリですよね。

造花を購入するならば今回ご紹介したメーカーがおすすめです。どちらのメーカーにも沢山の種類の造花があります。造花を探している方はぜひ参考にしてみてください。

▷東京堂のオフィシャルページ

▷SPICEオフィシャルサイト



最新の記事
関連記事
コーディネート

色々な家具をご紹介出来ます。改めて、私の取り扱いの家具のメーカーをリストアップ【盛岡市・インテリアコーディネーター】

2019年10月2日
暮らしとインテリア SUMURO(スムロ)
盛岡市のインテリアコーディネーター【SUMURO】 改めてちょっと自己紹介。普段は盛岡市でインテリアコーディネーターをしてい …