ガジェット

MacBookと一緒に持ち歩いていると役に立つ。2つの小さなAnkerのアダプター。


MacBookと一緒に持ち歩いていると役に立つ。2つの小さなAnkerのアダプター。

現行のMacBookにはUSB-Cポートしか付いていません。

SDカードやUSB-Aの充電ケーブルやUSBメモリを使うには必ずアダプタかハブが必要になります。

ただ外出先に大きなハブを常に持ち運ぶのは、ちょっと。という感じもあるじゃないですか。

今回の記事では、2つの小さなAnkerのアダプターをご紹介します。

持ち運ぶのにも邪魔にならない小ささなので、お守り的に持ち歩いていると重宝すると思いますよ。

あると便利 2つの小さなAnkerアダプター

という訳で今回ご紹介するのは2つの小さなAnkerアダプターです。

Anker USB-C & USB 3.0 変換アダプタ

小指の先程のサイズ感なので持ち運びの邪魔にもなりません。

個人的な話ですが、プレゼン資料を作ったあとに、よくセブンイレブンに持ち込んで印刷してます。(自宅には発色の良いプリンターが無い)

その際にUSB-AのUSBメモリにデータを入れて持ち運んでいるんですよね。

セブンイレブンではサーバーにデータをアップしておいて、店舗で印刷出来る『ネットプリント』というサービスもあるけれど、アップロードするのにも、ダウンロードして印刷するのにも読み込みでけっこう時間がかかるんですよ。

なんだかんだローカルでデータを持ち運んだ方が早いので個人的には今でもUSBメモリは必須です。

USB-CのUSBメモリを使えれば1番良いのですが、コンビニのプリンターはまだType-Cの規格に対応して無いんですよね。

このAnkerのアダプターがあれば、旧来のUSBメモリはもちろん、以前に使用していたHDDドライブなども接続出来ますし。

USB-AのケーブルでのiPhoneの充電にも。

何か1つでもUSB-Aの規格が今でも手元にある人は持っておいて損無しな気がします。

Anker USB-C 2-in-1 カードリーダー

一眼カメラで撮影した写真をSDカードから読み込む為のアダプターとして便利です。

こちらも極小、限りなく小さなデザインです。

▽このカードリーダーについては以前に詳しくまとめているので、ぜひこちらの記事も読んでみてください。

アダプタを運用する上での1つの問題点

小さくて取り回しの良い、Ankerのアダプターですが、1つ注意点があります。

MacBookのUSB-Cのポートに2つ並べて差し込むことが出来ません。微妙に幅が合わないんですよ。

あと少しだけサイズが調整されたらハマるのに何とも歯がゆい感じです。

片側2ポートのMacBookを使っている人だと、アダプターを抜き差ししながら使うことになり、ちょっと不便かもしれませんね。

まとめ

という感じで、簡単にですが『あると便利なAnkerの小さなアダプター』を2つご紹介してみました。

現行のMacBookを使っている人はとりあえずで持っておいても損無しかなと思いますよ。



関連記事