ガジェット

小さいは正義。『iPhone 12 mini』 これからもこのサイズのiPhoneは作って欲しい…。


小さいは正義。『iPhone 12 mini』 これからもこのサイズのiPhoneを作って欲しい…。

さて、待望の『iPhone 12 mini』が発売となりました。

今回の記事では1日触った感じのファーストインプレッションを書き留めておこうと思います。

こいつは久しぶりにテンションが上がるiPhoneです。結論、小さいは正義です。

iPhone 12 mini 開封

という訳で開封から。

開けると背を向けたiPhoneが登場。

今回はカラーはブラックを選びました。ストレージの容量は128GBです。

ブラックの落ち着いたカラーに背面ガラスの光沢感。Proシリーズで無くともすごく高級感があると思いました。

以前のiPhone 4や5の時のようなエッジが立ったデザイン。個人的にはこのエッジデザインの方が好きですね。以前のiPhoneが戻ってきた感じでそれだけでテンションが上がります。

ちなみに、今年のiPhoneからは環境に配慮し、いつも付属していたコンセントアダプタとイヤホンは廃止となっています。

付属品はC to lightningの充電コードだけです。 

確かに、iPhoneを買い替えてきた数だけアダプタも増えてますからね。

そのぶん、今年のiPhoneは箱の厚みもかなり薄くなっています。

iPhone 12 mini ファーストインプレッション【小さいは正義】

という訳で、ここからは実際に使ってみた感想を。

結論から書くと、iPhone 12 mini の基本的な魅力は物理的な小さなサイズに全て詰まっていると思いました。

小さいは正義

片手でガシッと持てる

まずは筐体サイズの小ささ。想像していた通り、片手でガシッと掴めるサイズ感です。これはかなり良いですね。

これまでは iPhone が手から落とさないように無意識にも気をつけていたのだなと。小さいサイズの iPhone を持って気づきました。

これまで使っていた iPhone X と比べても一回り近く小さいです。

ケースを付けても持ちやすさは変わりません。

小さいということは本体サイズも『軽い』ということ

とにかく、軽い。軽い。

ちなみに iPhone 12 mini の本体重量は 133g。

レザーケースとガラスフィルムを合わせた重さでも 164g。

iPhone X の重量は 173g。

裸の iPhone X よりカバーを付けた iPhone mini の方がまだ軽いというのが驚き

裸のiPhone mini を持つと、体感的にはiPhone X の半分くらいの重さに感じます。

胸ポケットにおさまるサイズ感

小さいので襟付きのシャツの胸ポケットにも余裕で収まります。携帯電話ってこれで良いよね。という感じがしました。

フットワーク軽く、気軽に使えることが最大の付加価値になっていると思いました。

性能などで感じたこと

次は性能面で感じたことを。

iPhone X との処理速度の差はかなり感じる

今回は iPhone X からの買い替えでした。iPhone X と比べると、サイトの読み込みスピードやアプリの立ち上がり速度が断然早いです。

さすが『A14』チップ。今回の iPhone 12シリーズは Proシリーズであっても mini であっても使われているチップは同じです。

iPhone としての性能は現段階の最高のものになっています。

サイトのブラウジングなんかも読み込み速度が上がるだけでサクサク閲覧していけますし、かなり快適です。

Wi-Fiの回線速度も重要だと思いますが、端末の処理能力も同じくらい重要なんですね。

表示領域は変わらない

iPhone 12 mini はサイズが小さくなった分、比例して画面も小さくなっています。

ですが、表示領域のサイズは変わっていません。これはかなり嬉しい仕様だと思いました。

実際に iPhone 12 mini と iPhone X を並べた写真です。

画面サイズは違えど、同じ場所まで表示されているのがわかると思います。

小さくなっても情報量が変わらないという訳です。

ただ、その分文字サイズは小さくなっています。もしかしたら、老眼の方や近視で目が悪い方にはちょっと見にくいかなとも思います。

動画を見ても、そこまで小さは感じない

YouTubeなどで動画を見ても、そこまで小さくなったと感じませんでした。

確かに表示サイズは小さくなっているのですが、使っているとすぐに慣れますね。

特に違和感などはまったく感じずに使うことができます。

今回の iPhone 12 miniシリーズの画面には有機ELが使われています。

Phone 12 mini2,340 x 1,080ピクセル解像度、476ppi
iPhone X2,340 x 1,080ピクセル解像度、476ppi
液晶解像度

画面は小さくても解像度はiPhone 12 miniの方が高いです。これは液晶の粒々がより詰まって並んでいるようなイメージです。

そのおかげか iPhone 12 mini の画面はとても綺麗に感じます。

体感的には MacBookのRetina ディスプレイを見ているような感覚に近いです。

写真は広角と超広角

カメラもテスト撮影をしてみました。

iPhone 12 mini には超広角カメラ (13mm相当F2.4)と(広角カメラ26mm相当F1.6)が搭載されています。

超広角 0.5x
超広角 0.5x
広角 1x
広角 1x
デジタルズーム 5X
デジタルズーム 5X

となっています。全て同じ位置から撮影した写真です。

個人的には超広角のカメラがかなり良いなと思いました。室内での撮影などもこのカメラを使えばかなり広く見せることが出来ると思います。

ちなみにナイトモードの写真もテスト撮影をしてみました。

これは暗い場所でもブレない写真を撮影出来る機能です。もちろん手持ち撮影でそれが可能になります。

夜の橋の写真ですが、かなり綺麗に撮影出来ていると思います。

さすがにちょっとのっぺりした質感の写真になっているとも思いますが、三脚も使わずにこれだけの写真を撮影出来るのは驚きです。

その他アクセサリなど

レザーケースとの相性はグッド

事前に買っておいたアップル純正のレザーケース。レザーのカラーはサドルブラウンです。

ブラックの iPhone 12 mini との相性はこんな感じに。

ブラックと明るいブラウンの相性がかなり好みで良い感じです。

気になった点

ケースを装着して思ったのですが、ブラウザでページを戻す時に、画面の左外からスワイプする動作する時に指にケースが当たります。

指に当たる感触は別に良いのですが、そのうちレザーケースの方がそこだけよれてしまわないか心配になりました。

あまりケースに負荷をかけないようにスワイプしたいところです。

もちろんQi充電も出来ます

レザーケースを付けていても無線充電(Qi)は出来ます。アップルが発表した新しい充電方法の Magsafe を使うとケースに跡が付くということで私が使わずにいこうと思っています。

個人的には特に Magsafe の必要性も感じていませんしね。

革製品の物が多いので良い感じ

個人的な話だけれど、革が大好物。今回のレザーケースも普段持ち歩く革製品などと相性が良い感じで馴染みます。

他の革製品同様、エイジングを楽しんでいきたいところです。

まとめ

という感じでザッとですが『iPhone 12 mini』のファーストインプレッションを書いてみました。

結論としては、小さいは正義。とにかく持ちやすいので、男女問わずあらゆる人におすすめ出来るiPhoneだと思いました。

特に手の小さな女性はかなり使いやすいんじゃないでしょうか。

動画や写真にこだわりたい方は『Proシリーズ』それ以外の方は『iPhone 12 mini』 でも良いくらいの感じだと思いました。

個人的には『iPhone 12 mini』を選んで大満足です。

これからもこのサイズのiPhoneは継続してアップルさんには出して欲しいですね。

バッテリー持ちや、その他気づいた点に関しても使い込んでそのうち長期レビューとしてまとめてみたいと思います。

favorite post

sumuroではインテリアや暮らしの道具などを紹介しています。

オススメの記事をまとめましたのでぜひ読んでみてください。

関連記事