ガジェット

iPhone 12 mini の純正レザーケースが先に届いた。質感やサイズ感などを先行チェック。


iPhone 12 mini の純正レザーケースが先に届いた。質感やサイズ感などを先行チェック。

2020年の11月13日に発売する『iPhone 12 mini』

私はブラックの256GBで予約しました。同時注文した純正のレザーケース(サドルブラウン)が先に届いたので、ケースの質感やサイズ感を先行でご紹介したいと思います。

iPhone 12 mini 純正レザーケース サドルブラウン

という訳で、肝心なiPhone 12 mini 本体が届いておりませんが、先に純正レザーケースを開封してみたいと思います。

今回選んだカラーは、革の質感を存分に楽しめそうな『サドルブラウン』というカラー。

箱のパッケージもAppleらしくすっきりしていますね。

ガジェットであれ、アクセサリーであれ、Apple製品を開封する時はテンションが上がります。

ディティール

質感

表面の革の質感はシボも付いていて高級感があって良いですね。

触れてもしっとりとした革の質感があります。

iPhoneを保護するためのケースですから、剛性もしっかりしてますね。かなり硬いです。

ケースは樹脂っぽい硬さだけれど、表面はちゃんとレザーの質感で不思議な感覚です。

内側面

内側は、革の裏地を使っているような質感で起毛しています。iPhoneに傷を付けずに保護してくれそうです。

今回のiPhoneで登場したMag Safe充電器用のマグネットの円が見えますね。

レザーケースでもMag Safe充電器に対応となっています。

ただ、Apple公式の発表でもMag Safe充電器を使うと、カバーの表面にも円形の跡が付くと言われています。

跡が付くのは嫌なので、Mag Safe充電器を使うのは悩みますね。

カメラのフチは樹脂製

カメラのフチは樹脂製となっていました。樹脂のカラーもケースに合わせてブラウン色になっています。

ボタン部分は深いブラウン色のメッキ

個人的にかなり良いなと思ったポイントです。

音量やロックボタンの部分は、ブラウン色のメッキ仕様となっています。深く鈍い光り方をしていて、とても高級感があると思いました。

Appleの公式サイトではわからない部分でしたが、嬉しい意外性でした。

細かい部分ですが、これはかなり良いですね。

サイズ感

気になるiPhone 12 mini のサイズ感ですが、そこまで小さくなったとは感じませんでした。

今使っているiPhone X と比べるとこんな感じですね。

ちょうど一回り小さくなったような印象です。

手の収まり感も良いです。片手でガシッと掴める感じ。片手でも端にも指が届きます。

大きい iPhone だと落下防止のためにバンカーリングを付けないと不安になる人も居ると思いますが、このサイズ感ならリングなどは必要無いと思います。

まあ、この辺は実際にiPhone 12 mini を入れてみないと重さの感じがわからないので、ハッキリと言えないところもありますけどね。おそらく要らないと思いますね。

サイズ感が昔のiPhoneに戻ったような感じで、個人的にはかなりテンション上がります。

まとめ

という訳で、iPhone 12 mini の純正レザーケースをご紹介してみました。

レザーの手入れをしながらエイジングも楽しんでいきたいです。

レザーケースの価格は税抜6,800円となっています。毎日使うことを考えれば、そこまで高い価格でも無いのかなと思います。

ちなみに、純正のレザーケースは Pro max のサイズでも同じ価格です。

iPhone 12 mini が届いたらブログでご紹介したいと思います。ブラックカラーのiPhoneとブラウンのレザーケースの相性などもご紹介出来ればと思います。

届くのが楽しみです。

▷Apple公式ストアでレザーケースをチェックする

▽レビュー記事書きました

favorite post

sumuroではインテリアや暮らしの道具などを紹介しています。

オススメの記事をまとめましたのでぜひ読んでみてください。

関連記事