ガジェット

充電ケーブルこれ一本。あらゆるデバイスに対応する『inCharge6』


充電ケーブルこれ一本。あらゆるデバイスに対応する『inCharge6』

なんてこった、充電したいのに欲しいUSB端子のケーブルが無い。そんな出先での残念なシチュエーションとは金輪際お別れする時がきました。

USB-A・USB-C・microUSB・Lightning

大抵の場合、この4つの端子があれば充電に困る事はない訳ですが、もしそれらが全て一つのケーブルで持ち歩けたなら。

そんな夢のようなことを叶えてくれているケーブルを見つけたのでご紹介します。

ほぼ全てのデバイスに対応出来る充電ケーブル「inCharge6」です。

マルチ充電ケーブル inCharge6

という訳で今回ご紹介するのはこちら。

ほぼ全てのデバイスに対応している充電ケーブルです。

全てのデバイスに対応していると聞くと、ケーブルが何本も出ている姿を想像してしまいますがl、「inCharge6」は小さくとてもミニマル。

パッと見、色々なデバイスに対応しているようにはとても見えません。

秘密は端子の構造にあります。

連結構造の端子

incharge6の端子はUSB-AとUSB-Cに見えますが、それぞれ引っ張ると中からUSB-CとLightning(microUSB)が現れます。

この感じすごくないですか?まさに変形ロボのような構造ですね。

写真のように右側のUSB-Aとその中のUSB-Cが電源側(アダプタやノートPC)に対応しており、左側のUSB-CとLightning(microUSB)がデバイスの充電側に対応しています。

デバイス側からの送電は出来ない構造になっていますので、USB-C同士で充電したい時は注意が必要ですね。

LightningはmicroUSBと兼用

個人的に考えられているなと思ったのが、LightningとmicroUSBの端子が兼用になっていること。

Lightning端子はiPhoneなどのアップル製品に使われている端子、microUSBはKindleやポータブルスピーカーなどの充電ケーブルとして使われていることが多いですね。

最近だとUSB-Cに移行しているデバイスも増えてきましたが、まだまだmicroUSBを使ったデバイスも多いですからね。

大体のデバイスはこれで大丈夫

写真の図のように、inCharge6があれば大体のデバイスは充電可能です。

私の場合だと

Lightning ▷ iPhone

microUSB ▷ Kindle ポータブルスピーカー

USB-C ▷ ワイヤレスヘッドホン

外に持ち歩くとしてもこのくらいなので、とりあえずこのケーブルがあれば困ることはありません。

もちろんデータ転送にも対応

電源供給だけでなく、データ転送にも対応しています。

マグネットでコンパクトに

さらに、inCharge6の面白いポイントは端子同士がマグネットでくっつくこと。

くっつくことで単純にコンパクトになりますし、写真のようにキーホルダーに取り付けておくことも出来ます。

カバンの内ポケットに挟んでおく。みたいな使い方も出来ますので、いざという時のお守り的なケーブルとして持ち歩いておくことも出来ますね。

デザイン

本体の塗装はガンメタな仕上げで高級感があります。

端子同士を繋ぐケーブル部分は、布のような素材。ナイロン素材で耐久性も問題無さそうです。

持つと少しずっしりとした重みがあります。ギミックがミニマムにキュッと詰まってますよ。という感じがして物欲を満たされれる感覚が高いですね。

まとめ

という感じで、あらゆるデバイスに対応している充電ケーブル『inCharge6』をご紹介してみました。

これを一つ持ち歩いていれば、ひとまずは欲しい充電ケーブルが無い。ということから解放されます。

デザインもミニマルで秀逸ですので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

favorite post

sumuroではインテリアや暮らしの道具などを紹介しています。

オススメの記事をまとめましたのでぜひ読んでみてください。

関連記事