生活雑貨

フォームローラーが仕事の合間のストレッチにちょうど良いよ。【自宅でストレッチ】


フォームローラーが仕事の合間のストレッチにちょうど良いよ。【自宅でストレッチ】

手軽にストレッチ。

自宅でパソコン仕事をしていると、どうしても長時間座りっぱなしになってしまいます。

長い時には一日12時間以上座りっぱなしな事も。

長時間座り作業して気になるのは『からだの血流』

足だったり、肩だったり。

同じ姿勢でいると気付いたらむくんだり、凝ってしまいますよね。

今回の記事では、そんな座る時間が長い人に、特におすすめなストレッチアイテムをご紹介します。

ちくわのような見た目のストレッチアイテム『フォームローラー』です。

フォームローラー

という訳で、今回ご紹介するのはこちら。ちくわのような見た目な『フォームローラー』というグッズです。

センターに穴が開いていて、その周りに樹脂が張ってあります。

この筒に、足や腰を乗せて、フォームローラーを動かす事で体をほぐせる。という仕組みです。

ちなみに、私が使っているのは『ナイキ』のもの。

▷ナイキのフォームローラーをAmazonでチェックする

ナイキのフォームローラーを選んだ理由は2つあります。

①樹脂の程よいクッション性

1つは、外側の樹脂が程よくクッション性がある事。

購入前に何個かフォームローラーを試したのですが、外側の樹脂の硬さで使用感がだいぶ変わります。

樹脂があまりに硬い物だと、刺激が強くて痛過ぎました。

ナイキのフォームローラーは突起も少なく、刺激もマイルド。後述しますが、しれでもしっかり凝りはほぐせるバランスの良い感じです。

ちなみに、こんなにトゲトゲしたデザインの物も出ています。これは、拷問器具ですか。

②見た目が良い

2つ目の理由。これは単純に『見た目がカッコいい』という事で選んでいます。

『黒に蛍光の緑』って色の組み合わせは個人的に結構好きです。エヴァ世代の私としては、どこか初号機を思い返してしまうカラーリングです。

フォームローラーで調べると、ポップなカラーリングの物が多いんですよね。外国のお菓子みたいなカラーリング。インテリアにこだわりたい派の私としては、それがどうも好きになれなくて。

数あるフォームローラーの中で唯一、『これはインテリア的にも良い』と思えたのが大きいです。

例えば、ナイキのフォームローラーは部屋の隅に立てて置いてもそこまで気にならないと思います。

使い方

使い方は、写真のように足の下に挟んで、クルクルとフォームローラーを転がします。

写真だと全く伝わらないと思いますが、これが程よく脚をほぐしてくれます。場所によっては激痛が走るところも。

痛いって事はそれだけ筋肉が固まって血流が悪くなっている。って事だと思いますので、しっかりほぐしていきたいところです。

さすがに自撮りをするのに抵抗があったので写真は撮っていませんが、仰向けの状態でフォームローラーを腰の下に挟んでも最高に気持ちいです。のけぞりをしているような感覚になりますよ。

基本的には凝っている場所やほぐしたい場所の下に挟んで体重をかけて転がすだけです。

それだけで、かなり強めのマッサージを受けているような『ほぐし感』を味わえます。

さらに詳しい使い方が知りたい時は、こちらのYouTubeを見てみてください。

デスクワーカーにはこんな使い方も

写真のような感じで椅子に座りながら足を乗せる使い方が個人的に発見したおすすめ。

足の角度が少し変わるだけで、ももの裏の血流が変わります。足の疲れやむくみがこれだけも結構解消されます。

普通に座っている時と比べると全然違いますよ。

普通に座っていると脚が痺れてくる事があるのですが、それも起きないですね。

もちろん、足を上げるだけなら適当な箱とかを置いても良いのですが、フォームローラーだと座りながら足の裏のマッサージが出来ちゃうんですよ。

座りながら足裏でコロコロと転がすだけもだいぶ気持ち良いです。

眠気に襲われた時も、足を動かすと目が覚めてきますよ。

長く使っても問題なし

そもそもこのフォームローラー。購入自体は3年ほど前なのですが、現在でも物としての劣化も無く、問題なく使えています。

私は1年ほど前から自宅ワーカーと化していますし、最近はコロナの世情も相まって輪をかけて在宅時間が増えているので、買った時より重宝しています。

まとめ

という感じで、『フォームローラー』をご紹介してみました。デスクワーカーはほぼ全ての方が何らかのコリやむくみと戦っていると思います。自宅に居ながらサッとマッサージを手軽に出来きるので試してみてください。

もちろん運動不足気味の人にもおすすめです。