コーディネート

クリップランナーとIKEAのファブリックを使って簡易的なカーテンで模様替え。【間仕切りにも使える】


クリップランナーとIKEAのファブリックを使って簡易的なカーテンで模様替え。【間仕切りにも使える】

簡単な模様替えはファブリックが1番。

カーテンって一度購入したら、引っ越ししない限り変えないよ。そんな方は多いのではないでしょうか?というか、ほとんどの方がそうですよね。

実際にカーテンっていざ買おうと思うと、結構良い金額になってしまいますからね。引越し先でカーテンと窓のサイズが合わなければ、処分する事にもなってしまいます。

そんな事情もあり、『模様替えしようかな』と思ってもカーテンまで変える方は、そう多くないと思います。とはいえ、カーテンはインテリアとしての部屋の中での割合も面積が大きいので、カーテンを変えるとガラッと部屋の雰囲気が変わる事も事実。

今回の記事では、そんな悩みを解決する方法をご紹介します。IKEAのカット生地を使った簡易的なカーテン作りです。布とクリップランナーがあれば一瞬で出来上がります。

IKEAのカット生地

インテリア好きの味方、IKEA。そんなIKEAで『布(ファブリック)』そのものを好きな長さにカットして持ち帰れるサービスがあります。

基本的にIKEAのファブリックは季節やその年で扱っている柄が変わります。そのシーズンにIKEAが展開しているファブリックを持ち帰れる。そんなサービスですね。

物にもよりますが、1m辺り数百円で販売されています。

北欧柄のファブリックをこの値段で購入できるのは、流石のIKEA。最高にお得感あると思います。

ちなみにIKEAに行ってファブリックをカットするのもセルフで行います。さすがIKEAですね。何から何までセルフ。

カットしたファブリックはこんな感じに。

基本的にカットしただけなので、端は切りっぱなしです。

もちろんIKEAに行くとこの他にも沢山の柄がありますよ。

▷IKEAのファブリックをチェックする

クリップランナー

ただのファブリックを、カーテンに取り付ける為に用意するのが『クリップランナー』というアイテム。クリップにフックが付いています。

普通のクリップと同じように片側を摘むと開くような構造です。

写真のように、クリップで等間隔に布を挟んでいきます。

クリップに付いたフックをランナーに差し込む事で、簡易的にカーテンがつくれるという便利グッズです。

実際に取り付けるとこんな感じに

実際に取り付けてみました。

私の住んでいるアパートはキッチンと風呂場が繋がっていて、その間に扉はありません。

写真のようにカーテンレールのみ付いています。

このクリップランナーでカーテンを取り付ける事で簡易的な間仕切りとしています。

クリップランナーも数百円で購入出来ますので、2000円もかからずにカーテンが作れた事になりますね。普通に既製品のカーテンを買うと、このサイズだと、どんなに安くても3000円以上はすると思います。

しかもIKEAのファブリックの柄がアクセントになって良い感じで一石二鳥かと。

こんなふうに間仕切りにも使えますし、もちろんカーテンとして代用出来ます。

ただ本格的にカーテンとして使用する場合ですが、IKEAのファブリックは切りっぱなしですので、端を折って縫うと良いかと。

ちなみに私はクリップランナーはニトリで購入した物を使っています。

結構勢いをつけてカーテンをひいても、クリップが取れた事が1度もないので優秀です。クリップの噛む強度がなかなかに強いですよ。

▷ニトリのクリップランナーをチェックする

まとめ

という感じで簡単にですがIKEAのファブリックで簡易的なカーテンを作る方法をご紹介してみました。

何にせよ、2000円かからずに、大胆な部屋の模様替えが出来きます。

おそらくカーテンを気軽に模様替えする方法としては1番コスパが高いのではないでしょうか。

季節の変わり目に、部屋を大胆に模様替えしたいよー!そんな衝動に襲われた方は、ぜひともこの方法をお試しください。

▷IKEAのファブリックをチェックする

▽ショピングサイトで購入できるクリップランナー