ガジェット

異次元の音楽体験。バランス接続による音楽再生がすごすぎる【SONY NW-WM1A】


異次元の音楽体験。バランス接続による音楽再生がすごすぎる【SONY NW-WM1A】

唐突ですが、私の兄はオーディオマニアです。

そんな兄から最近SONYの『NW-WM1A』というデジタルウォークマンの最上位機種を借りました。

私は前にこのブログでも紹介したAVIOTのワイヤレスイヤホンをいつも使っていて、このイヤホンでもいい音だなと思っていました。

この『NW-WM1A』のウォークマンで聴く音。

一言で言えば『音の次元』が違いすぎる感覚を覚えました。

今回の記事では、このNW-WM1Aで聴ける音楽体験の素晴らしさをご紹介します。

SONY WALKMAN NW-WM1A

これが今回、兄から借りたSONYの『NW-WM1A』というデジタルウォークマン。今は、スマホの中に何曲も音楽は入るし、何で今更ウォークマン買うの?って思いましたよ。

音楽を再生するだけのデバイスって、今の時代に必要かなー、みたいな。

でもこの第一印象、ヘッドホンから流れてくる音楽を聴いた瞬間に吹き飛びました。

『なっ、なんだ、この音の立体感』

聴き慣れたはずの音楽が、まるでその場で演奏してくれているような感覚すら覚えます。臨場感がすごすぎる。

その秘密はウォークマンに内蔵されたデジタルアンプとバランス接続にあるようです。

音が良すぎるよ、これ。

ウォークマンNW-WM1Aにはフルデジタルアンプ「S-Master HX」が搭載されています。これ簡単に説明すると、とにかく極限まで音が高音質に聞こえるようにしましよ。という機能。

さらにその音を、減衰無くヘッドホンに伝えられるようバランス接続にも対応しています。

ウォークマン本体にも、イヤホンを挿す穴が2つ開いています。

片方は普通のステレオミニプラグ用ですが、もう片方はバランス接続用となっています。

バランス接続とは

普通のイヤホンのジャックは黒い線が2本ですが、バランス接続のジャックには4本の線が入っています。これにより音の抵抗が少なくなるんだそうです。

詳しくはSONYのオフィシャルのページを見てみてください。たぶん専門用語すぎて何を言ってるかわからないと思います。私はわかりませんでした。

つまり何が言いたいかと言うと、とにかく音を極限まで高めましたよ!って事だと思います。

ここからはどう音がすごいのか、って事を書いていきます。

特にドラムとベースの解像度が桁違い

全ての音の立体感が上がり、生の楽器の音を直接聴いているような感覚になるのですが、特に変化が著しいなと思ったのが、ドラムとベースの音の良さ。

NW-WM1Aで聴くドラムとベースの音は、とにかく重みがすごい。何だこの迫力!ってなります。ライブに行くと重低音が体に響く感じってあるじゃないですか。それに近い迫力を耳から感じます。

普段の音楽体験がステージを見ているような感覚だとすると、このウォークマンで聞いている感覚は自分をセンターにバンドがぐるっと取り囲んで演奏してくれている感じ。

こんな写真のイメージです。このバンドの中心に自分がいる感覚ですね。

何と表現すれば良いか迷いますが、音の鳴っている距離がすごい近い感じ。耳元で演奏してくれているような感覚ですね。

とにかく音の立体感と距離感が半端ではない。

ボーカルは耳元でリッチに歌い上げてくれているような臨場感。音が良過ぎて聞いていると、緊張に似たドキドキ感すら感じるレベルです。

音を文章で伝えるのには限界がありますが、とにかくこのウォークマンNW-WM1Aで聴く音楽は別次元の音の良さがあります。

さらに、音が良いせいか、割と大音量で聞いていても耳がほとんど疲れません。

ちなみに作業中にこの環境で聴くと、リッチな音に耳や意識を持っていかれて何も手につかなくなります。

特にすごいなと思ったのがライブ演奏の曲。

アジカンのスタジオライブアルバム『ザ・レコーディング at NHK CR-509 Studio』など。ライブ演奏の曲は質感やリアリティまで伝わる感覚すらあります。

ライブに行って聴く音楽よりも、音が良い。と言うと大袈裟かもしれませんが、そのくらい音までの距離がとにかく近い。

このアジカンのアルバムは一発録音で収録されたアルバムですが、ミスが出来ない、そんな緊張感や張り詰めた空気感まで伝わってきます。

とにかくすごい。すごいんですよ、これ!(語彙力)

アーティストがレコーディング時に、マイクや機材にこだわって録音してたりするのは知っていたけれど、普通に聴く分には良くわかっていませんでした。

『こんなに臨場感のある音で録音していたのか!』と感動しましたよ。

とはいえ購入には勇気のいる価格、でもその価値はある

人生で1番リッチな音楽体験をもたらしてくれたSONY NW-WM1Aですが、これだけの体験を与えてくれるデバイス。価格もそれなりにします。

ウォークマン本体となるNW-WM1Aが定価で120,000円。

バランス接続に対応したヘッドホンで25,000円

バランス接続用のケーブルで25,000円。

驚く事にケーブルだけで25,000円もする。何という世界だ。

合わせると170,000円になります。

初期費用でもそれなりの額に。

でもその価格に見合う音楽体験がそこにあると思います。得られる体験を考えると、決して高く無い価格だなと。少なくともその価値はあります。

音楽が好きな人、音楽を聴く時間を生活の中で大事にしている人にはいつか手に入れる目標。みたいな物にしても全然ありだなと。

まとめ

という訳でSONYのウォークマン。『NW-WM1A』の音の素晴らしさを書いてみました。すでにウォークマンは兄に返してしまいましたが、もう普通の音には満足出来ない体になってしまいました。どうしよう。

いつかこの音の環境を手に入れたいなと思った次第です。頑張って働こう。

音楽好きな方には、この音楽体験をいつかどこかで、機会があれば味わってみて欲しいなと思います。

favorite post

sumuroではインテリアや暮らしの道具などを紹介しています。

オススメの記事をまとめましたのでぜひ読んでみてください。

関連記事