カメラと写真

愛機のカメラ FUJIFILM XE-3をドレスアップ。F-fotoのサムレストとソフトレリーズシャッターボタン


愛機のカメラ FUJIFILM XE-3をドレスアップ。F-fotoのサムレストとソフトレリーズシャッターボタン

さて、我が愛機のカメラ FUJIFILM XE−3 。本体に凹凸が少なくシンプルでフラットな見た目がクールでイカしているのですが、そのデザインの代償として、グリップの出っ張りや指を引っ掛ける場所が少なく、撮影時にカメラを固定しにくいのがすこし難点に感じ始めていました。

カメラの底面に取り付ける、XE−3専用の補助グリップも販売されているのですが、それだと見た目が変わり過ぎてしまって個人的には好みでは無い。何か良い方法ないかなと、Amazonを眺めていたら良さそうなアイテムを発見したので、購入してみました。

今回の記事ではXE−3をドレスアップした様子をご紹介します。

ちなみに何も付けていないXE-3の外観がこちら。

F−fotoのサムレスト

という訳で、今回購入してみたのがこちら。F−fotoのサムレスト。あまり見慣れない形状をしています。実はこちら、ストロボ用のホットシュー(カメラのフラッシュを取り付ける場所)に差し込む事で、親指の置き場を作れる優れもの。

サムレスト=親指の休憩所。文字通り、まさにそういう事。

取り付ける前のXE-3の背面。多少グリップのような起伏はあるが、親指をかける場所は一切ありません。

サムレストを取り付けた背面がこちら。ちょうどシャッターボタンに人差し指をかけ、カメラを構えた時に親指が吸い付くようにフィットします。

それもそのはず。このサムレストはXE−3専用に作られている製品なので、納まり感は格別。

片手で持ちやすい

実際に持ってみると、片手でもホールドしやすい。

以前までは、片手だとつまむように本体を持っていたのですが、このサムレストを付けた事で、『しっかり持ってる』という感覚に。

細かい部分ですが、あるのと無いのとでは結構違います。

F-fotoのソフトレリーズシャッターボタン

このF-fotoというメーカー。カメラのアクセサリーの専門店で他にも色々なグッズが売られています。その中から気になったのが、シャッターボタンに取り付けるソフトレリーズボタン。

ボタンをさらに押しやすくる、拡張ボタン。と言ったイメージのパーツです。

ネットのレビューなどを見ていると、このボタンも付けた方が、撮影しやすくなるよ。と多くの方がレビューしていたので、ついでに購入してみました。

カラーが3種類。ブラック・レッド・シルバーとあるのですが、その中からシルバーのボタンを選びました。

このボタン、良く作ってあるなと思うのが装着方法がネジ式なこと。

シャッターボタンにクルクルと回して取り付けれるように出来ています。

ネジ式であれば、撮影中に外れて失くす。という心配も少ないのは嬉しいですね。

取り付けてみた外観がこちらです。

このシャッターボタン。レッドを取り付けてる方が多いのですが、個人的にレッドはボタンが目立ち過ぎているように見えて好みではありませんでした。

ブラックボタンにして、オールブラック。漆黒な感じにもしようと思ったのですが、ボタンを追加した感じが解らな過ぎるのもつまらない。

という訳でシルバーにしたのですが、これは正解でした。

ここがシャッターですよ。と、さりげなく主張する感じ。

押し心地も劇的にアップ

実際にシャッターボタンを押した時の感触も良くなりました。

このソフトレリーズボタンを付けると、シャッターボタンの押しストロークがもっと深くなった感覚です。しっかり押している、という感触がシャッターを切る度に人差し指に伝わってきます。

体感的には、押しの深さが2倍になったような感触。

人差し指の指の腹が、しかっり乗るからでしょうか。シャッタを押した時の心地良さがかなり向上します。

ボタンも金属で出来ていて、質感も良いですよ、これ。

XE−3をドレスアップ

今回、サムレストとソフトレリーズシャッターボタンを取り付けて、グッと自分だけのカメラ感。が増しました。

以前にDURAMのカメラストラップも良い感じにカメラと馴染んできています。革の色も少しずつ経年変化してきています。

まとめ

という感じでF-fotoのサムレストとソフトレリーズシャッターボタンをご紹介してみました。こういったカメラアクセサリを選んでいくとさらに愛機への愛着が増していきます。実際にグリップ性も向上したり、使い心地もアップするので、XE−3ユーザーで悩んでいる方は、購入の価値ある製品かと。参考にしてみて下さい。

favorite post

sumuroではインテリアや暮らしの道具などを紹介しています。

オススメの記事をまとめましたのでぜひ読んでみてください。

関連記事