暮らし系

むむっ、よく見るとジブリ!?インテリアにもなるオシャレ感高めなジブリのポストカードセット【アートポスター】


むむっ、よく見るとジブリ!?インテリアにもなるオシャレ感高めなジブリのポストカードセット【アートポスター】

実は、相当なジブリ好き

2020年1月現在、私の住む岩手県では『ジブリの大博覧会』が開催されています。そう、みんな大好きジブリ。私も、もれなくその1人。

今回の大博覧会については特にブログに書くつもりも無く。普通に1人のファンとして見に行ったのですが、展示会の最にあるグッズショップで、これは!というポストカードを見つけたのでご紹介します。

ジブリのポストカードと言われても、名場面のワンシーンが切り取られているとか、キャラクターが描かれているとか。いわゆるよく見かけるポストカードを想像するじゃないですか。

そういうコテコテなポストカードも良いとは思いますが、中々インテリアに溶け込ませにくいのも事実。買ったとしても、引き出しに閉まっておいて、たまに出しては見返す。みたいな感じになりがちです。

でも今回ご紹介するジブリのポストカードは違います。普通にインテリアとして使えるクオリティなオシャレ感。

海外のアートポスターのような、ジブリのポストカードです。

ジブリのアートポストカード

という訳でこちらが今回ご紹介するポストカード。パッと見、海外の映画かアート作品のポスターかな。と思ってしまうような雰囲気。

色のトーンも全て彩度が抑えられていて、全体的に一歩引いたような印象に。

写真だと彩度が高く見えるかもしれませんが、実物はもっとマイルドな印刷の仕上がりです。

それでは、1枚1枚見ていきましょう。

風の谷のナウシカ

全面の黄色が印象的なのは『風の谷のナウシカ』良く観察しないと、どのシーンかもわからない感じが、また良いなと。これは、王蟲が触手でナウシカを持ち上げているシーンですね。

天空の城ラピュタ

これはわかりやすい。天空の城のラピュタの飛行石ですね。

青いバックの中に、さらに深く濃い青で飛行石が描かれていて、その色使いが個人的に好み。

魔女の宅急便

こちらは魔女の宅急便。顔が見切れている構図がなんとも素晴らしい。でもホウキに黒猫のジジが居たりと、ちゃんと見るとわかるこの感じ。ムズムズしますね。

となりのトトロ

はい、こちらはとなりのトトロ。トトロの脚が傘から飛び出したようなデザインですね。ここでもトトロの顔は見えない。普通、わかりやすいようにキャラクターの顔を描きたくなるものですが、それはしない。このポストカードを作ったデザイナーと、ゴーを出した経営陣に拍手を送りたいですね。センスが素敵。

紅の豚

これも比較的わかりやすいほうかなと。紅の豚です。映画、最後の方のポルコとカーチスが殴り合うシーンですね。ワインを出すようなお洒落な飲食店に飾ってあっても違和感無い感じです。

もののけ姫

黒いバックにシシガミの脚が映えますね。もののけ姫です。

シシガミが歩いて、草が成長し、すぐ枯れるシーン。これも印象的なパーツのみを描いて気づかせるという。非常に斜めなアプローチ。良いと思います。

千と千尋の神隠し

日本映画、最大のヒット作。千と千尋の神隠し。

冒頭の異世界と現実を繋ぐトンネルの前に置いてある石像が描かれています。この、さっきから何故その場面をチョイスする。という絶妙なチューニングに心くすぐられます。

ハウルの動く城

これが1番わかりやすいかも。ハウルの動く城ですね。

これも正面のお城の顔は描かれていないけれど、見た瞬間にハウルだな。ってわかりますね。

崖の上のポニョ

可愛らしい崖の上のポニョの世界も、しっとりとしたオシャレ感に包みこまれてます。何度も繰り返してしまいますが、この直接、物語らない感じ。色の組み合わせも好きです。

風立ちぬ

これが最後。風立ちぬです。これは言われてもピンと来ない人が多そう。上半分には飛行機と、下半分には堀越二郎の目がうっすら描かれています。

アート性高し

という訳で全10種類のポストカードでした。とにかく一貫して言えるのはアート性高め。ということ。映画を知らない人が見たら、普通にお洒落なポストカードと思うだろうし、知っている人からすると、細かいマニアックな描かれ方にゾワっとくるこの感じ。

ちなみに裏面はこんな感じに。

シンプルで余白も多く、メッセージも書き込めそう。ジブリ好きにこのハガキでメッセージを出したら喜ばれること間違い無しでは。とはいえ、デザインが素晴らし過ぎて、出すのが惜しい。自分の手元にも持っておきたいので、もう1セット買えば良かったなと思っています。

価格

このポストカードは10枚セット1000円でした。1枚100円と考えると、ポストカードの相場としては安いですよね。

ポスターは無いみたい

ちなみに、あまりにもデザインが素晴らしいから、店員さんに「大きいポスター売ってないですか?」と尋ねたら、ポスターの販売は無いとのこと。

ぜひポストカードではなく、大きなポスターでの販売をして頂きたい。

まとめ

という感じで、『ジブリの大博覧会』で買えるジブリのアートポスターをご紹介してみました。普段、紹介している物のテイストとはちょっと違かったかもしれませんが、あまりのデザインの良さに思わず紹介してしまいました。

ちなみに岩手での『ジブリ大博覧会』は2020年2月16日まで。今回の岩手での企画を持って『ジブリの大博覧会』は終了する。との事なので、脚を運べる方はぜひ行ってみて頂きたい。もちろん、展示は言うまでもなく最高でしたよ。

ちなみに、今でも土日は混んでいるみたいなので、出来れば平日に行くのがおすすめです。(とはいえ、岩手県人からしてみたら平日でも凄い人の数)