暮らし系

懐かしきホイール操作。『 iPod classic 』を iPhone で再現出来るアプリ『 Rewound 』


懐かしきホイール操作。『 iPod classic 』を iPhone で再現出来るアプリ『 Rewound 』

私の音楽体験を決定的に変えたアイテムの一つに『 iPod 』があります。apple が生み出した携帯音楽プレーヤーですね。今では iPhoneがあれば音楽も聞ける時代になり、音楽プレーヤーというジャンルは無くなりつつあります。

10以上前に初めて iPod を手にした時は、丸ごと音楽を持ち運べる事に感動したものです。悲しいかな思い出のある iPod の生産も現在では終了してしまっています。

あのiPodを触る感触をiPhoneでも味わえるとしたら。

今回の記事ではiPhoneのアプリ『 Rewound 』をご紹介します。

このアプリ、なんと iPod classic を iPhoneで再現出来るんです。

iPod classic

そもそも iPod classic がどんな音楽プレーヤーだったかざっくり振り返りましょう。

こちらがiPod  classic。10年以上前に購入した物です。まだ持っていて良かったです。再びスポットライトを浴びる日が来るとは。

ちなみに今でもちゃんと電源は付きます。動作も問題無しです。

画期的なホイール操作

当時衝撃的だったのが、ホイール操作によるインターフェース。本体のリングの上をくるくる指でなぞるだけで、上下にカーソールが動く。という当時としてはかなり画期的なシステムでした。

ガラケー世代。iPod を1度でも触り使った事がある人なら、かなり懐かしさを感じるのではないでしょうか。

余談ですが、このiPodの容量は 120GB モデル。今では 1TB の容量なども当たり前になっているので、120GB って少ない!って思ってしまいますね。とはいえ、当時iPod mini などは 8GB などで販売されてましたので、120GB の iPod classic を手にした時は『無限に曲が持ち運べる』と興奮したものです。

裏面も一体型のステンレスケースで、今見ても美しい。

このケースで今の iPhone がデザインされたら、普通に欲しいですね。

そんな『 iPod classic 』をiPhoneで再現出来るのが『 Rewound 』というアプリ。

Rewound

通常のアプリと同じようにAppStoreからダウンロード出来ます。無料アプリです。

ダウンロードしてアプリを立ち上げます。

このままではiPodのようには使えないので、右下の ADD SKIN というボタンをクリックして、iPod のホイールデザインの画像をダウンロードします。

download skin をクリック。

画像はツイッターからダウンロード出来ます。『 Twitter 』クリックするだけで大丈夫です。

ホイールのカラーも何色かあるみたいなので、お好きな色が選べますよ。

私は、実際に持っている iPod classic とデザインを合わせたかったのでブラックを選択。

あとはこれを画像として選択するだけです。

iPhone版の iPod classic の完成です。

いやー、この感じ感動ですね。これiPhoneの画面ですよ。時間の表示位置もiPodを再現していて感動です。

曲のライブラリはミュージックから【 Spotifyにも対応予定 】

曲のライブラリはアップルのミュージックライブラリがそのまま反映されています。

ちなみに、spotify にも対応する予定みたいですよ。

操作感が最高

ちゃんと iPhone 上のホイール部分をクルクル回すと、上の画面でカーソルが動きます。しかもその精度も良く、誤作動も無いです。素晴らしいですね。

回す度に触覚フィードバックもあり、カーソルが動く度に『カリッ』とiPhoneが震えます。

操作感やメニュー画面も当時のままです。

ホイールの『 MENU 』を押せば1回層上に戻れますし、真ん中のボタンを押せば決定という動作もかんぜんに再現。

早送すると曲が飛び飛びになって進む感じまで再現してあり、クオリティがとても高いです。

バックグランド再生にも対応

もちろんアプリを閉じてのバックグラウンド再生にも対応。

ネットサーフィンをしながらでも音楽を楽しめます。

カーソルのカラーも変更可能

ちなみに iPod classic との違いは、カーソルのカラーが変更出来ること。好みのカラーを選択できます。

オリジナルの画像を作れば自分だけの iPod も作れるので、遊び心も掻き立てられますね。

比べてみました

せっかくなので、『 iPhoneのiPod classic 』と『 iPod classic 』を並べてみました。

見比べると、iPhone はずいぶん大きくなりましたね。

今のガジェットは全てがスマホの中に集約されて、画面だけの板になってしまいました。iPod の頃はまだ物理ボタンも多く、予想出来ないデザインが発表される事も多くワクワクしたものですよね。便利にはなっていますが、デザインの幅は少なくなっていると思うので、それはそれで寂しいなと。

まとめ:古き良きiPod classicよ

という感じで、iPhone を iPod classic みたにするアプリ『 Rewound 』をご紹介してみました。iPod を一度でも使っていた方なら、懐かしさを味わえると思います。無料ですので、興味がある方は気軽には試してみてください。

関連記事