生活雑貨

目に優しい生活。JINSのブルーカットメガネ『JINS SCREEN』を買いました。【眼精疲労対策】


目に優しい生活。JINSのブルーカットメガネ『JINS SCREEN』を買いました。【眼精疲労対策】

モニターと睨めっこする時間は日々増えています。仕事の大半はPCを使いますし、こうやってブログの文章を書く時もそう。作業の息抜きでちょっとスマホで動画を見るときにも結局はモニターを見ていることに。

テクノロジーの進化とともに、モニターは生活に溢れ返り、モニターを眺める時間は長くなる一方です。

そんなこんなで、気になり始めたのは『ブルーライト』の問題。最近寝ても、目の疲れが取れないような気がしていました。

『これはもしや、モニターの見過ぎかな』と思いたち、試しにJINSから発売されているブルーカットメガネ『JINS SCREEN』を購入してみたのでご紹介します。

そもそもブルーライトとは?

『自然界にもある波長が短く強い光』のことですね。

近頃問題になっているのは、ブルーライト自体が悪い訳ではなく。スマホや液晶からもブルーライトは出るため、現代人はブルーライトを浴びすぎな事が問題視されています。

本来人間は、太陽が沈み暗くなれば自然と『眠くなる』んだそうです。ですが現代人は夜になってもスマホを見続けますよね。ベッドに入ってからも寝付くまでスマホをイジってしまう事も。暗くなってからもブルーライトを見続けると、体内時計が狂ってしまい、睡眠が浅くなったりといった障害が出てきます。

そしてブルーライトの光は眼球の奥の方まで届き、光の波長も短い為目の中で散乱します。これらは、チラつきの原因になったり、目のピント合わせを酷使してしまい、結果的に『目が疲れる』といった症状が出るようですね。

JINS SCREEN

という訳で、そんなブルーライトをカットする為のメガネ『JINS SCREEN』をご紹介します。

Appleを思わせるようなシンプルな箱に入っています。

裏面にはメガネのスペックが手描きで書かれています。

スライド式の箱を引き出すと、『JINS SCREEN』登場です。

フレームの形と色も色々とあったのですが、今回は『スクエア/ブラック』を選びました。試着して決めたのですが、着け心地とデザインが1番しっくりきました。

ちなみに内箱の絵柄が可愛い。ゲームコントローラーやPC、マウスなど。デジタル機器用のメガネという事がわかりやすいですね。

選べるブルーライトカット率

『JINS SCREEN』にはブルーライトのカット率が『25%』と『40%』のモデルがあったのですが、私は『40%』のカット率の物を購入しています。

『25%』は日常的に使いたい方向け。レンズも少し青みがあるくらいで、言われないと普通のメガネに見えると思います。

『40%』はPCやスマホなどを長時間作業する人向け。レンズは少し黄色味がかっています。

さらにオプションでレンズの色味なども変えられるみたいですよ。度付きのレンズにも変更出来たりと、カスタム要素があるみたいですよ。

外観デザイン

フレームは艶があります。樹脂ですが安っぽくも見えなく、良い感じだと思います。

ちなみに、この『JINS SCREEN』のデザインはプロダクトデザイナーの『ジャスパー・モリソン』が監修しているそうです。

個人的にも『ジャスパー・モリソン』が好きなので、彼が監修している事も、このメガネを選ぶ決め手になりました。

耳にかける部分の材質は少しマットな樹脂になっていて、滑りにくくなっていますね。

フレームの内側には小さくシルバーの文字でスペックが印字されています。

ブルーライトカット率『40%』のレンズは肉眼でも見てもわかるぐらい、黄色味がかっていますね。もちろん、サングラスまでとはいきませんが、色が入っているなとわかります。

フレームが歪んで見えますが、これはお店で自分に合わせてフレームを調整してもらった為です。

無料で自分の骨格に合わせて矯正してくれたので、『JINS SCREEN』を購入する場合はお店で買うのがおススメですね。

レンズクリーナ兼ケース付き

この『JINS SCREEN』にはメガネケースも付いてきます。

巾着型のソフトケースですね。柄は内箱に描かれていた物と同じ柄が。

このケースはそのままクリーニングクロスとして使えるそうです。

私は、基本家の中でしか使わないつもりなのでソフトケースで充分ですが、外で使いたい方はハードケースを別で購入する必要があります。

このソフトケースでカバンに入れるのは危険だと思います。

レンズ越しにモニターを見てみると

レンズ越しに見えるモニターの感じはこんな具合です。

白い部分は黄色味がかって見えますね。写真の色味の確認など、画面上で色を確認する時は外した方が良さそうです。

少しの間使ってみた感想

まだ買って間もないですが、少なくとも言える事としては『モニターを見た時のチラつきが激減』しました。モニターを見ても眩しくない感じですね。

メガネを付けたままモニター作業をしていて、外すと『眩しいっ』ってなります。

ブルーライトカットメガネってすごいですね。

ちなみに紫外線もカットします

この『JINS SCREEN』、ブルーライトだけでなく紫外線もカットします。そのカット率はなんと99。9%以上とのこと。もはやサングラスとしても使えそうですね。

まとめ:『JINS SCREEN』思ってたより凄いかも

という感じで、『JINS SCREEN』をご紹介してみました。この文章を書いている今も、メガネを着用していますが、目が疲れにくい気がします。個人的には想像以上に効果がありそうと期待しています。

とはいえ、ブルーライトは朝に浴びると体内時計がリセットされたりと、健康に生活する為には必要な物でもあるので、基本は『PCやスマホ作業』と『夜間』のみかけて過ごしたいと思います。しばらく使ってみた感想や体感など、あらためてご報告したいと思います。

『JIN SCREEN』のラインナップはこちらから。

▷JINS SCREEN 公式ページ

アプリをダウンロードすると、アプリ内で擬似試着も出来ましたよ。ぜひお試しください。

関連記事