暮らし系

【iPhone】目覚めの質って重要。iPhoneの時計アプリの中の『ベッドタイム』機能を激しくおすすめしたい。【睡眠改善】


【iPhone】目覚めの質って重要。iPhoneの時計アプリの中の『ベッドタイム』機能を激しくおすすめしたい。【睡眠改善】

睡眠の質って『目覚め方』がとても重要です。

もちろん、睡眠時間や寝るタイミングなど、睡眠の質を上げるには色々な条件があると思いますが、個人的に1番強力だと思っているのが『目覚め方』だと思います。

今回はそんな『目覚め方』をアシストするアプリについての話です。

iPhoneに最初から入っている時計アプリの中の機能の1つ『ベッドタイム』についてご紹介したいと思います。iPhoneユーザーならすでに使っている人も多い機能だとは思いますが、「知らなかったよ」という方は騙されたと思って『ベッドタイム』ぜひ試してください。

『よく寝た感』が劇的に向上します。

ベッドタイムとは?

iPhoneの時計アプリの中に最初から入っている目覚まし用の機能です。

時計アプリにはアラームやタイマーなど。時間を知らせてくれる機能がありますよね。その中の1つがベッドタイムなんです。

就寝時間と起床時間を設定します。

この時、1週間の中で鳴らしたい曜日を指定する事が出来ます。休みのサイクルが固定している人には良い機能ですね。休みの日はゆっくり寝てたい派の方にも配慮された作りです。

ここまでだと、普通のアラームと変わらないじゃん。という感じなのですが、秘密は目覚めの音にあります。

何がすごいって作り込まれた『目覚まし音』

ここからかが、ベッドタイムの魅力についてのご紹介です。

何がすごいって、その『アラーム音』です。

9曲のアラーム音

ベッドタイムには専用のアラーム音があります。画像にある9曲が使用できます。

この全ての曲に共通した特徴ですが、徐々に音量が上がり、緩やかな目覚めを演出してくれます。これが思っている以上に大切で最高なんです。

youtubeに『早起き』の楽曲がありましたので聞いてみてください。

ゆっくりとフェードインするような曲ですよね。

目覚めに不快感が無い

睡眠中の脳の状態には、浅い眠りの『レム睡眠』と、深い眠りの『ノンレム睡眠』があります。

朝、目覚める前の状態は『レム睡眠』になっており、レム睡眠中は夢を見ている事が多いと言われています。

私も以前は好きなアーティストの曲や、絶対に起きる為に激しい曲調の音楽を目覚ましに使用していました。

この場合だと、突然夢の中に音楽が飛び込んできてビックリするように目が覚めますよね。

私も目覚ましアラームってそれが当たり前だと思っていました。

でも、この時に体は想像以上に緊張していたようです。

誰しも突然後ろから声をかけられてビックリした経験ってありますよね。激しい音楽や激しいベルの音で目覚めるのはまさにこれ。

これって原始で言えば、寝込みを動物に襲われたのと変わらないと思います。人間の防衛本能が発動して、体は緊張してしまいます。

それに比べてこのベッドタイムの楽曲で目覚めると、夢を見ている途中に少しずつシームレスに現実が割り込んでくるイメージ。音にビックリする事が無いんです。

「あー、朝だー。起きなきゃー。」って素直に思える感じ。ここに不快感が無いんです。

これがとても大切で、本当に気持ちよく目覚められます。

ぜひ騙されたと思って、1度使ってみてください。劇的に目覚めが改善します。

優しい曲調ですが、起きれなかった事は1度も無いです。

マナーモードにしていても、ベッドタイムの曲は流れますのでご安心下さい。

ベッドタイム中は強制的に『おやすみモード』に出来る

ちなみに、iPhoneには設定中に着信や通知が鳴らなくなる『おやすみモード』がありますが、ベッドタイム中は強制的に『おやすみモード』になるよう設定出来ます。

これ、30分昼寝したい時とかにも便利です。昼間でも通知が届かなくなりますよ。

まとめ:iPhoneを持っていたらぜひ使ってみて欲しい

という感じで、iPhoneのデフォルトで入っている時計アプリの中のベッドタイムの機能についてご紹介してみました。繰り返しになりますが、睡眠からの目覚めの仕方ってとても大事です。睡眠の質と朝の目覚めの気持ち良さが劇的に改善します。

ぜひ1度騙されたと思って今晩から使ってみてください。

ベッドタイム。誇張無しにiPhoneを使っていて1番お世話になっている機能かも。

ちなみに、個人的に1番おすすめしたいベッドタイムの曲は『夜明け』です。

▷寝つきが良くなるおすすめアロマ

favorite post

sumuroではインテリアや暮らしの道具などを紹介しています。

オススメの記事をまとめましたのでぜひ読んでみてください。