ステーショナリー

鉛筆のように使えるシャープペン。アルミボディの『STAEDTLER 925-25-20』


鉛筆のように使えるシャープペン。アルミボディの『STAEDTLER 925-25-20』

今回ご紹介するのはシャーペンです。シャーペンって社会人になるとめっきり使わなくなってしまいますよね。

でも、敢えてここで鉛筆やシャーペンの魅力を伝えたい。

という訳で今回ご紹介するのは、鉛筆のように使えるシャーペン『STAEDTLER 925-25-20』です。

STAEDTLER

1835年、ドイツにて創業した老舗の筆記具メーカーです。一般的な文具から製図用のプロユースの筆記具まで。幅広く製品を作っています。

『STAEDTLER 925-25-20』

このシャープペンはカテゴリ的には製図用として販売されています。

アルミボディ

アルミ削り出しのボディが非常に綺麗です。アルミのシルバーに『STAEDTLER』のネイビーの刻印が上品に映えます。

グリップもアルミ製。沢山のリングが重なるようなデザインです。

太い芯が使える

特徴なのが、通常のシャーペンと違い『太い芯』が使える事。

私は2mmの芯を使用しています。

この太い芯、使い心地が鉛筆のようなんです。

鉛筆のメリットそのままに

鉛筆の1番のメリットって、線に強弱をつけれる事だと思います。

このシャーペンは軸が太いので、ペンを寝かせれば筆跡は『太く』、ペンを起こせば筆跡は『細く』なります。まさに鉛筆を使っている時と同じですね。

基本的には製図用のシャーペンですので、芯の硬さの表記のがあります。もちろん、中に入れる芯の硬度に合わせて表示を変えられます。

私は仕事柄、図面を見ながらプレゼンをする時があるのですが、その時に重宝します。強調したい所は、太めの筆跡でアンダーラインを引くなど。1本で表現に変化を付けられるのが良いですね。簡単な図解など、イラストなどを書く時にも良いですよ。

ちなみに替え芯は『MITSUBISHI』の物を使っています。ケースに入っていて持ち運びできて便利です。

ほど良い重さ

アルミボディのこのシャーペンは通常のボールペンに比べて21gと重いです。

みんな大好きなボールペンのジェットストリームが10gですから、約2倍の重さがあります。

ここは意見が分かれるところかもしれませんが個人的には、『重さ』もこのシャーペンの魅力だと思います。

というのも、持ってみると解るのですがシャーペンの重心がグリップの辺りにあります。シャーペンの下側に重心がある事で、書く時の軸がより安定するように思います。

感覚的な話になってしまいますが、この『下重心感』は他のボールペンには無いと思いますね。

まとめ

という感じで、鉛筆のように使えるシャーペン『STAEDTLER 925-25-20』をご紹介してみました。製図用として販売されていますが、もちろん普通に学校や仕事などで使っても良いと思います。気になった方はぜひチェックして見てください。

先日ご紹介したボールペン『LAMY』もドイツ製。筆記具はドイツが熱いですね。

favorite post

sumuroではインテリアや暮らしの道具などを紹介しています。

オススメの記事をまとめましたのでぜひ読んでみてください。

関連記事