ステーショナリー

どこまでもシンプルでミニマルなボールペン。LAMY noto【ラミーノト】


どこまでもシンプルでミニマルなボールペン。LAMY noto【ラミーノト】

以前から手帳用として持ち歩いているボールペンがあります。それはドイツの筆記具メーカー『LAMY』から発売されているnotoというボールペン。今回はこのボールペンの魅力についてご紹介したいと思います。

LAMY

LAMYは1930年にドイツのハイデルベルグに設立されました。デザイン性の高い筆記具は世界中に広まり、世界的にも有名な企業となっています。自社専属のデザイナーにこだわらず、様々な分野のデザイナーとのコラボレーションも行なっています。

深澤直人

『noto』のデザイナーは日本人の深澤直人さんです。『noto』はLAMYでは初のアジア人のデザイナー起用によるデザインとなりました。

深澤さんは『無印良品』や『プラスマイナスゼロ』の製品デザインもされています。以前にこのブログでも紹介した

も深澤さんによるデザインです。

noto -ミニマルなデザイン

無駄が一切無いシンプルなデザイン。無印良品などのデザインを多く手がけられている深澤直人さんのデザインだからこその『ミニマルさ』ですね。

『ザ・無機質』という言葉良く似合います。

ロゴも薄くエンボスが入る程度でさりげない所も良いと思います。

フィットする三角形

特徴的な丸みのある三角形のデザイン。手に自然とフィットします。握った時に角もなく滑らかです。太さも丁度良く、細すぎず、太すぎず。大人の手に馴染むようにデザインされています。

一体感のあるクリップ

良い意味でクリップがクリップらしくない。notoのクリップは本体の形状と完全に一体化しています。三角形の一辺をそのままクリップにしたようなデザイン。

一見使いづらそうに見えるかもしれませんが、そんな事はありません。ボールペン本体へと滑らかに続くカーブが、挟み込む動作をアシストしています。『スッと』自然と挟める感じです。

ノックの感触

ペン軸を出し入れするノック部分の形状は楕円形になっています。ノックの感触がとても良く、こちらも重すぎず、軽すぎずな丁度良い感じ。

ボールペン本体が三角形で滑らかなのに対し、ノック部分はエッジが強い印象。ですのでノック時に親指に角が当たります。この感触が感覚的にもボールペンの『ON』と『OFF』を演出してくれていると思います。『書き始め』と『終わり』の合図がここにありますね。

カラー展開

http://www.lamy.jp/noto.htmlより引用

調べてみたら私が使っている『ライトグレー』は現在廃盤になっているようでした。現在は『シルバー×ブラック』のようなハーフトーンのカラーが3色と『オールブラック』の展開のようです。個人的には、無機質さ際立つ『ライトグレー』はラインナップに残して欲しかった気持ちもあります。しかし、ビジネスシーンをより意識した高級感のあるハーフトーンのデザインもアリだと思います。

書き心地

書き心地は『ヌルヌル』と滑るように書ける印象です。油性のインクですが滑らかな描き心地だと思います。軸もブレないので、安定した線が引けます。

替え芯

LMAYのnotoを使う上で触れておきたいのが、替え芯についてです。LAMYのボールペンには専用の替え芯が必要です。ロケットのようにも見えるシルエット。替え芯まで綺麗にデザインされています。

見えない替え芯まで美しく。これはもう哲学ですね。Apple製品にも通ずる所があると思います。

私は『M-16』という中字タイプの替え芯を使用しています。他にも細字と太字の替え芯いに変更する事も可能です。

替え芯の値段はちょっと高い

とは言え、このボールペン使う上でデメリットをあげるなら、替え芯の値段がちょっとだけ高い事。大体替え芯の値段は800円前後で販売されています。

国内品のボールペンの替え芯の値段はせいぜい100円程度。それを考えるとだいぶ高く感じますが、その値段相応の価値はあるように思います。

インクの持ちは手帳用に使用していると1年軽く持つ印象です。

まとめ;ミニマルなペンをお探しの方に

という感じで、LAMYから発売されているボールペン『noto』についてご紹介してみました。LAMYのペンは、「これぞドイツのデザイン」という感じがして、個人的には大好きです。職場でもプライベートでも、少し筆記具に拘りたい方には良いペンだと思います。

男性への贈り物にも良いですね。気になる方はぜひチェックしてみてください。

LAMYの筆記具は他にも何本か所有しているので、いずれこのブログでも紹介したいと思います。