カメラと写真

イーハトーブから夏の終わりを。FUJIFILM xe-3での花火撮影【作例】


イーハトーブから夏の終わりを。FUJIFILM xe-3での花火撮影【作例】

趣味とは面白いもので続けていると、同じ趣味の人間を引き寄せる事があります。まさに類は友を呼ぶ。

普段からカメラを持ち歩く事が多くなりました。そうしていると「実は私も写真が趣味なんです」と言われる事があります。持ち物やライフスタイルが変わると、その人の違った一面が覗けて面白いものですね。

という訳で、最近出来た初のカメラ友達に誘われて花火の写真を撮りに行って来ました。

『イーハトーブフォーラム2019 光と音のページェント 花火ファンタージー』

花火を撮影したイベントは岩手県の花巻市で開催された『イーハトーブフォーラム2019 光と音のページェント 花火ファンタージー』

岩手県の盛岡市から約40kmほど南下した場所にあります。

花巻市は宮沢賢治でも有名。花火大会のタイトルにも宮沢賢治の小説に出てくる『イーハトーブ』が使われています。

作例

花火の写真撮影はシャッターを切るまでの時間が長いので、どんな写真が撮れているかわからない面白さがありますね。

今回のお気に入りはこの写真。何とも幻想的に撮影出来たと思います。

写真によっては深海生物のようにも見えてきます。図鑑に載ってそう。

gifを作ってみました

撮影した画像を繋いでgifを作成してみました。少しでも花火の雰囲気感じてくれたら幸いであります。

カメラとレンズ

撮影時のカメラ設定は

ISO :200

F値 :F11~F20

シャッタスピード:BULB 10秒~20秒 

スマホからFUJIFILMのアプリを使うとリモートでシャッターが切れるので便利でした。

ちなみに、調子に乗ってどんどんシャッター時間を伸ばしたら、さすがに白飛びしてしまいました。難しい。

今回の花火の撮影にあたって三脚を購入しました。Amazonで2000円くらいの比較的安い物です。私にとって初めての三脚なので、まだ良し悪しがわからないのですが、使い込みながら色々な写真を撮影してみたいと思います。

まとめ : 花火を撮影するのは面白い

という感じで、撮影した花火の写真をご紹介してみました。初めての花火撮影でしたが、自分なりに『良い』と思える写真も撮影出来て良かったです。そして、誰かと一緒に写真を撮るのが想像以上に楽しい。ますますカメラが面白いです。

素人が少しずつカメラの知識を勉強していく。そんな様を発信できたらと思っています。

ネット上にはカメラの専門家達が沢山いるので、専門的な知識の発信はその方々にお任せしたい。(というか勉強しても全然わからない)

次は三脚を使って夜景を撮影してみようかなと思います。