コラム

旅のコトについてお話させて頂きました。


【コラム】6月18日に紫波町のカフェスタイルバー ビビットさんで4月に行った旅のコトについてお話させて頂きました。

6月18日、火曜日。岩手県紫波町日詰にあります「カフェスタイルバー ビビット」さんの行う定期勉強会にて、私が4月に行った旅の話をして欲しいとのオファーを頂き、お話させて頂きました。

[ad]スポンサードリンク
[/ad]

夕方の18:00から。紫波町にお住まいの方々の仕事終わりに合わせて勉強会はスタート。参加頂いた方々は地元の企業の社長さんや、紫波町に酒蔵を持つ杜氏さんなど。集まって頂いた皆さんの前で話すのは緊張もしましたし、そもそも私の旅をした話が面白いのかなという不安で一杯の中、勉強会は始まりました。

このブログを実際に開きながら話をさせて頂きました。旅のルートをなぞりながら、話を進めさせて頂き、家具メーカーの工場の様子などもご紹介しました。

一通り話をして感じた事として。自分の考えや夢を話すことは勇気が要ることですが、その事について面白いと言って頂けたり、興味を持って頂ける事は、純粋に嬉しかったです。

緊張はしましたが、話をさせて頂く機会を頂けて、挑戦して本当に良かったなと思いました。

旅をしてから少し時間が経ちました。あまり説明せずに謎のまま書き続けていた旅ブログですが、改めて旅に出た経緯についてこのまま少し書いてみようと思います。

どうして旅に出たのか

まず、どうして九州に行ったのかという事について。私は、2019年の3月末まで岩手県内のインテリアショップにて働いてました。インテリアコーディネーターの資格を持ち、家具のプランニングをメインに行っていました。自分で何かやってみたいと思い退職に至るのですが、退職後もショップで働いていた時と同じように家具を扱うにはどうしたら良いだろう。と、考えていました。

個人となる私が出来る事。考えた結果、家具を作られているメーカーさんに直接お願いして歩こう。という考えに行き着きました。

実際に生産者の方に会ってみたい。作っている場所を覗いてみたい。そういった好奇心もありました。前職の仕事をしながらだと、九州に行く事は中々難しく。長年お世話になっていた、家具メーカーの営業の方にも会ってみたいという思いもありました。

日本中に家具を作っている方はいらっしゃいます。せっかくだから日本を旅しながら、日本のサイズ感を感じながら見て歩こうと思って計画を進めていきました。

時間はあるけどお金は無い。仕事を辞めたばかりだったのでそれが本音。だから移動は高速道路は極力使わず下道で。下道の方が景色も楽しめるから良いかなと。宿泊は車中泊をしていました。

旅に出てみて

旅に出て思う事は、色々な人に会うことが出来た事。これが一番大きいのかなと思います。そして、日本各地の色々な風景を見れた事。私は西日本には高校の修学旅行でしか行った事がなく、西日本はテレビや写真で見ている情報ばかり。百聞は一見にしかず。ということわざの通り、見ると聞くでは大違いでした。匂いいや温度。場所が変われば人の気質も違います。話すイントネーション。それらは実際に足を運んで見なければわからない事なのだなと。改めて実感しました。

以前より、少し日本の事を知れたような気になっています。

旅から帰ってきてから、少しずつ家具のご提案などの仕事をスタートしています。まだまだ始まったばかり。仕事の様子なども今後は発信していけたらと思っています。そしてこのような「本音」や「考え」のような事もたまには発信していけたらと。

読んで頂きありがとうございました。