暮らし系

フラワーリース/シベリアケヱキ


【インテリアのコト】シベリアケヱキさんのワークショップに参加しました

先日、盛岡市内で行われたリース作りのワークショップに参加しました。講師になって頂いたのは、奥州市在住の「シベリアケヱキ」さん。

県内でこうしたワークショップを企画されたり、ネットでは自身が作られたフラワーリース、スワッグ、ハーバリウムなどの販売されています。

ワークショップは、シベリアケヱキさんに用意して頂いた花材を使いオリジナルのリースを作るというもの。ベースとなるリング状になった蔦に、ユーカリやアイビー、ミモザなどのドライフラワーを付けていきます。

作り始めた時は、まだイメージが頭にも無く、なんとなく花材を取って付けてを繰り返していくのですが、作業を進めるうちにだんだんイメージが湧いてきます。ここにミモザを付けたらどうだろう。とか、ここにボリュームを出そうかなとか。考え始めると、集中して作業に没頭するような感覚がありました。

ワークショップには8人の方が集まりました。主婦の年代の方から、若い方まで。参加された方々のリースも1つとして同じものは無く、皆さん個性的なリースを作られていました。

今回は春という事で、ミモザがメインに。

黄色い小さな玉が可愛いですよね。

リースは半年から1年は保つようです。ドライフラワーの色の経年変化を楽しみたいと思います。

花言葉

ちなみにミモザの花言葉は「優雅」「友情」。だそうです。

個別に黄色いミモザは「秘密の恋」。

花言葉からも女性的な花ですね。調べたらミモザはアカシアの木に咲く花のようですね。

日々の家事や仕事、考え事から少し距離を置き、目の前の作業に集中、没頭してリースを作る。頭の中がクリアになるような感覚があり、良いものです。

ユーカリを使っているので、側を通るとフワッと良い匂いが香ります。私は寝室の壁に付けました。

シベリアケヱキさんのワークショップは不定期ですが、県内各所で開催されています。お近くの方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

[ad]スポンサードリンク [/ad]
favorite post

sumuroではインテリアや暮らしの道具などを紹介しています。

オススメの記事をまとめましたのでぜひ読んでみてください。